青空赤蜻蛉

『親水公園の秋景色 』 今日の様な秋晴れは2週間ぶりでしょうか。日差しを浴びるとジリジリと暑く汗をかきました。蝶たちも日向で表翅を広げて楽しんでいるようでした。今日撮影した写真は、青く高い空に白い雲とスカツリ、枝の先にとまる赤とんぼが四匹、まさに秋の絵葉書的景色です。 ☆☆☆『100インチシネマ』 C・イーストウッドが監督はやっていないけれど「ザ・シークレット・サービス IN THE LINE…

続きを読む

小さな鉄琴

★☆★『ヴェンチャーズのクリスマス・アルバム全曲コピー』11曲目「おめでとう クリスマス」イントロが聞き取れないので仕方なくヘッドフォンを使いました。小さな鉄琴(ミニグロッケン)の音でしょうか? ギターの17Fから始まる高さで指先が太いと綺麗に音が出ません。覚えたつもりで一晩経つと何か変です、「おじいさんの時計」になっているじゃないですか。(-_-;) ☆☆☆『100インチシネマ』 「メリーポ…

続きを読む

洋画三昧

☆☆☆『100インチシネマ』 昨日もマックィーン主演の作品で強いて言えば「音楽の作曲者」繋がりで、両方とも作曲は「LALO SCHIFRIN」です。彼の20年の現役生活で約20本の主演作品のうち、トップ3に入ると思っている2本です。 ★☆★「シンシナティ・キッド」 1965年 103分 ノーマン・ジェイソン監督 イントロで葬式の楽団が行きは湿っぽく、帰りは陽気に。キング・ランシー・ハワードの云…

続きを読む

小足長蜂

『親水公園の昆虫 コアシナガバチ 』 小足長蜂 スズメバチ科 11~13mm 北海道~九州 5~10月 平地~山 キボシアシナガバチに似るが腹部第3,4節に黄色の斑紋がある 女王バチの体長は14~16mm(日本の野草300)背中にも対になった黄色の斑紋が横,横,縦とある ★☆★『ヴェンチャーズのクリスマス・アルバム全曲コピー』 10曲目のブルークリスマスは低いポジションで2パターン、オクターブ…

続きを読む

川蝉

『親水公園の野鳥 カワセミ 』 カワセミ科 胸に黒っぽい部分があるので今年生れのオスです。随分と久し振りにカワセミの写真を撮った気がします。用事があって急いでいる時に限って、重要な被写体と出会ってしまうもののようです。うまくいきません。 ☆☆☆『100インチシネマ』 原作:スティーブン・キング、監督 脚本:フランク・ダラボン「ショーシャンクの空に」1994年 142分 主演はモーガン・フリーマ…

続きを読む

瑠璃立羽 その2

『親水公園の昆虫 ルリタテハ 』 タテハチョウ科 開帳:50~65mm このように表翅は全体が黒で、瑠璃色と云うより水色(サックスブルー)の翅縁に沿った帯があり、翅の上端には白斑があります。個性的な配色でシンプルさが売りです。おそらくこのチョウとは今年はこれきりではないかと思います。 ☆☆☆『100インチシネマ』 前回の訂正で「ロリータ」は1962年、「博士の異常な愛情」は1964年の公開でし…

続きを読む

瑠璃立羽

『親水公園の昆虫 ルリタテハ 』 タテハチョウ科 日本に約140種がいるうちのひとつで、ツマグロのメスと同じ位の遭遇頻度、要は親水公園で見られるけれど『珍しい』ですね。この写真では裏翅が見えています。よく云えば「枯葉の保護色」悪く言えば「ゴミタメ色」で、とても写真を撮る気にはなりません。しかし、名前の由来通りタテハチョウの中では少数派の青色系表翅なので、写真は次回に載せます。 ☆★☆出来れば雌…

続きを読む

命日

☆★いつものように日曜日はDVDでシネマです。ただ最近は18時からのインターFMバラカンビートを2時間聴きます。知らない事や忘れていた事がたくさん流れてくるので、こちらを優先するようになりました。昨日はトリニ・ロペスが11日に83歳で亡くなったこと、スティーブ・マックイーンズというバンドがあるってこと、そして8月16日はボス・エルビスの命日だったこと。 忘れていました。 m (_ _;;;)…

続きを読む

33・6:36・1

☆☆☆今日も暑いです。15時の室温は33・6度で扇風機がフル回転しています。体温は36・1度で起きてすぐ測った時は35・9度で、良いのか悪いのかどうなんでしょう。 ★★「トラ!トラ!トラ!」はもう一度見ないといけません。日本の通信を傍受して暗号解読し真珠湾奇襲作戦を知っていたなら、自国軍を見殺しにした大統領の陰謀説が証明されます。場所は分らず東南アジアのどこかだと連絡をしていたなら、奇襲作戦と…

続きを読む

蝶蜻蛉其の弐

『親水公園の昆虫 ちょうとんぼ 』 其の弐の写真、ひらひらと飛ぶ落ち着きの無い蝶の様なトンボです。やっとの事で枯れた草の茎に止まったところの一枚で、なんとかフォーカスは行けていると思います。後で気が付いたのはカメラの焦点設定が、昆虫接写のために手動フォーカスが出来るDMFのままになっていてピンボケ写真量産してしまいました。阿保です。 ☆☆☆『100インチシネマ』8月に入ったことだしまずは『TO…

続きを読む

赤茄子

『親水公園の野草? トマト 』 ナス目ナス科ナス属 南米アンデス山脈高原地帯原産ですが、トマトは野草ではないですね。ウイキペディアでは「果実は食用として利用される緑黄色野菜の一種。日本語では唐柿、赤茄子、蕃茄など」でした。 ☆★☆法恩寺橋下に30cm程に育って花をつけたので気が付きました。子供の頃畑で見たトマトは背丈を超えていたので、この大きさではミニトマトだろうと楽しみにしていたら、キレイサ…

続きを読む

黒揚羽蝶

『親水公園の昆虫 クロアゲハ ♂ 』 黒揚羽 アゲハチョウ科 本州~九州 4~10月 平地~山 翅を広げた開張幅は80~120ミリで大型 表翅はほぼ黒一色で後翅後角などに赤色紋 ♂は後翅上端に細い白斑、裏翅には赤色斑があり、尾状突起は短め ♀は表裏ともに赤色斑があり♂より多い ★☆★クロアゲハは昨年数回見ただけで写真には撮れませんでした。今年はアベリアの蜜を吸う姿を3回撮影、常に羽ばたいていて…

続きを読む

茶翅セセリ

『親水公園の昆虫 チャバネセセリ 』 セセリチョウ科 27~36mm 5~11月 本州~南西諸島 平地~山地 先日小雨が上ったので万崋池辺りを歩いていて、じっとして翅を乾かしている風セセリの写真をアップで撮りました。帰宅後PCで見ると白斑がぼやけている感じなので、一応図鑑で確認したらイチモンジでなくチャバネでした。念の為イチモンジのホルダーを見ると、昨年の11月8日にこの写真がありました。いるは…

続きを読む

黄帯土蜂

『親水公園の昆虫 キオビツチバチ 』 黄帯土蜂(漢字表記は独自解釈です)ツチバチ科 先程昆虫エクスプローラーで確認するまでオオモンクロクモバチだと認識していました。(-_-;) 腹の帯のクビレが胸側と尾側の違いと、オオモンは色が橙褐色でキオビは黄色でした。今回はギリギリで気が付いてよかったです。オスは11~22ミリでメスが15~25ミリと大きいし、メスは帯ではなく両脇に黄紋でした。それに黒い剛…

続きを読む

荒地野菊

『親水公園の野草 #110 アレチノギク 』 荒地野菊 キク科イズハハコ属 南アメリカ原産 1~2年草 明治中頃渡来 帰化植物 花期は5~11月 草丈は10~50cm 北海道から九州に分布 道端・荒地・草地など 舌状花は小さく目立たない、中央が黄色 冠羽は白色で球形、非常に目立つ 似ているオオアレチノギクは秋に花が咲き、最近はアレチノギクより数が増えているようです ☆☆☆『100インチシネマ』…

続きを読む

河原鶸

『墨田区の生き物 カワラヒワ 』 河原鶸 アトリ科 これも20日に十間川で撮影、大横川では上空を飛ぶだけで「声はすれど、姿は見えず」なのですが、この時は群れが川の両岸を行ったり来たりでした。40年前の大井埋立地のカワラヒワとベニスズメの乱舞を思い出しました。日本全国にいる留鳥で東アジアに分布。 ☆☆☆『100インチシネマ』土曜に「プロメテウス」を見たら明らかにエイリアンの前日譚なので、日曜には…

続きを読む

白鼻芯

『親水公園の哺乳類など #001 ハクビシン 』 白鼻芯 ジャコウネコ科 野良犬は絶滅して野良猫も地域猫として去勢され、ドブネズミ以外の哺乳類はいないかと思えば、ハクビシンやアライグマが23区でも増えているそうです。20日の土曜日に初遭遇です。昼間に堂々と地上に落ちたヤマモモの実を食べているようでした。たしかに身のこなしはしなやかで、下半身モッタリ猫といった感じ。 ★☆★中央アジア、中国、台湾…

続きを読む

父子草・父子草擬

『親水公園の野草 チチコグサ? 』 キク科ハハコグサ属 写真のように茎の上部に穂状にかたまって順についているので、茎の先端に筒状花だけの褐色の花が数個つくチチコグサではありません。葉の形もチチコグサは線形ですが、これはヘラ型です。図鑑にはチチコグサ、タチチチコグサ、チチコグサモドキの写真が掲載されています。絶対にこれだ、との自信が持てません。図鑑の文章には「チチコグサモドキの仲間で最近は葉裏が…

続きを読む

昼咲月見草

『親水公園の野草 101 ヒルザキツキミソウ 』 昼咲月見草 アカバナ科マツヨイグサ属 北アメリカ原産の帰化植物、多年草、花期は5~7月、道端や荒地など。待宵草の仲間だが日中でも咲き続ける。白またはピンクの4弁花で5cmもあり見栄えがする。仲間のアカバナユウゲショウは形が似ていても、花径が三分の一程小さく午後から咲き始める。公園の入口で昨年アヤメが咲いていた近くなので見落としたのか、今年になって…

続きを読む

桜と揚羽

☆★☆昨日午後に「公園のコンデジ散歩」行ってきました。家を出る時に小さなメモを持っていてそこには「イヌガラシは4弁花か、カントウタンポポは咲いたか、ヒルザキツキミソウは、チチコグサの全体写真、姫小判草の全体写真」と書かれていました。せっかく出掛けたのに帰ってから後悔しないように朝から思いつく度にメモした訳で、そこまでやってメモを忘れる事もあります。(-_-;) 写真は5月4日に今年最後の桜の花を…

続きを読む

料理長

★★★新型コロナウイルス特別措置法による緊急事態宣言が、7週間ぶりに今夜解除されるようです。専門家は現状を第2波とも言っているので、3波、4波が発生する事を念頭において『新しい生活様式』で暮らしていく事になりますね。 ★★★ただ、本来の緊急事態解除条件に北海道と神奈川県が合格しません。これからその辺の説明があるのでしょう。何かを実施するには6月1日迄に全面解除しなければならなかった、との噂話も…

続きを読む

野襤褸菊

☆★☆『親水公園の野草#101 ノボロギク 』 野襤褸菊 キク科キオン属 ヨーロッパ原産で明治初期に日本各地に帰化、一年草または越年草、道端・公園・畑地など。花は黄色の筒状花で枝先に数個つき、暖かい地方では一年中咲き、舌状花はないのでタンポポのように開かない。葉は互生し不揃いに切り込む、見た目より葉も茎も柔らかい。名前は沢に咲くサワギクに似ているが野に咲くことと、サワギクの別名がボロギクだっ…

続きを読む

月齢8日

☆★☆4月のスーパームーンで満月、1日には月齢8日の半月をHX-400Vで撮影しました。画像サイズで倍率が変わるとあったので、5MBにして200倍ズームで撮ったのがこの写真です。三脚をセットして酒を減らせば、もう少しブレを減らせるかも。取説にはデジタルズーム『入』にすると400倍とあります。是非試してみたいのですけれど、そんな時はだいたい天気が悪くなるので気持ちが続きません。 ★☆★月が替…

続きを読む

PLAY MYSTY FOR ME

★☆★『私の100インチシネマ』性格上中途半端が嫌いなので、先週の「A CLOCKWORK ORANGE」のBRDに収められているドキュメンタリー、メイキング、オリジナル劇場予告を見ました。本編もマルコムらの音声解説つきでも見られるのですが、さすがにそれは遠慮させていただきました。メイキングで何度も出てくる瞼を開いて器具で固定する洗脳シーン、私にとっては見ているだけで拷問です。最近の年を取ったマ…

続きを読む

水向日葵

☆★☆『親水公園の野草(83)ミズヒマワリ 』 水向日葵 キク科ミズヒマワリ属 中央・南アメリカ原産 大きさ;1~1,5m 多年草 第二次大戦後熱帯魚の輸入に伴い移入されたと言われる帰化植物 花期;8~10月 環境;市街地の池や河川 花径;1~1,5cmの球形 関東・東海・近畿地方の都市部周辺の池や浅い川で増加している。成長が早く在来種を押しやっている。万崋池でも南西部から北西部にもジャンプして…

続きを読む

未来世紀伯剌西爾

★☆★自宅の近所で2棟のマンション建設工事が進行中、賃貸ワンルーム中心とファミリータイプ分譲です。クレーン操縦はいつから無人のリモコンになったのでしょうか? ほぼ同時に2階の生コン流し込みで、分譲は昨日の雨の中も作業をしていました。照明を点けて残業をしているし10階建て分譲の方は、7階建て賃貸より先に完成させる勢いに見えます。どちらにしろ、五輪後の完成ですからどんな経済状況になっているのか他人事…

続きを読む

2010

★☆★『100“シネマ(9)2010 』 (THE YEAR WE MAKE CONTACT)2001年宇宙の旅の続編としてピーター・ハイアムズ監督が1985年に製作。原作は同じくアーサー・C・クラークの小説「2010年宇宙の旅」です。シネマ(1)の「MARTIAN」の邦題が「オデッセイ」だったのは「2001年宇宙の旅」の原題が「A SPACE ODYSSEY」だから、同じ宇宙物とし借りた訳です…

続きを読む

未知・遭遇

★☆★『100“シネマ(7)未知との遭遇 』 原題は『CLOSE ENCOUNTERS OF THE THIRD KIND we are not alone 』1977年公開 『ジョーズ』で世界に名前を轟かせたスピルバーグの脚本・監督作品、わたしはファイナルカット版DVDを購入したのでマザーシップ内の映像はカットされていて失敗しました。話は単純で登場人物の人間関係や感情の移り変わりよりも、圧倒的…

続きを読む

命日

☆★☆『100インチシネマ』#6 「ED SULLIVAN SHOWS Featuring The BEATLES」12月8日は大日本帝国がハワイ真珠湾米軍基地攻撃の日であり、ジョンがあの銃で殺されてから39年目でした。今年は是非大画面でジョンを観たいとDVDを探したのに見当たりません。CDはいろいろあるのに(1980年に発売したアレを買っていない!)ポールのLIVEや、ジョージのバングラデシュ…

続きを読む

米国的落書

★☆★『100“シネマ(4)American Graffiti 』1973年米ユニバーサル映画 G・ルーカス2本目の監督作品。主演のR・ドレイファスは1947年生れなので25歳で高校卒業したてを演じた、ちなみに天才監督は1944年生れ。映画はマスコミでは話題になっていても高度成長期で多忙、わたしは劇場でこれを見た記憶はありません。 ★☆★高校生が当り前のように自分の車を持ち、学校のダンスパーテ…

続きを読む