大和小灰蝶

☆★☆『親水公園のチョウ 』 ヤマトシジミ シジミチョウ科 開帳寸法:20~30mm 分布:本州~南諸島 3~11月 平地の河原~丘陵 裏面は褐色がかり、黒点は大きくはっきりしている 普通種 オスの表翅は青色で黒線が外側を一周、縁は狭い白色のフリンジ状です 参考文献:ウイキペディア、日本の昆虫1400① 文一総合出版、 日本のチョウ 増補改訂版 誠文堂新光社 ★☆★そんな訳でメスの表翅の写真は…

続きを読む

大和小灰蝶

☆★☆『親水公園のチョウ 』 ヤマトシジミ シジミチョウ科 20~30mm 本州~南諸島 3~11月 平地の河原~丘陵 裏面は褐色がかり、黒点は大きくはっきりしている 普通種 オスの表翅は青色で黒線が外側を一周、縁は狭い白色のフリンジ状です 参考文献:日本の昆虫1400① 文一総合出版 日本のチョウ 増補改訂版 誠文堂新光社 ☆★☆PCの中の「親水公園の昆虫ホルダー」の中の「チョウ科チョウ」の…

続きを読む

大和小灰蝶

★☆★『親水公園のチョウ 』 ヤマトシジミ シジミチョウ科 20~30mm 本州~南諸島 3~11月 平地の河原~丘陵 裏面は褐色がかり、黒点は大きくはっきりしている 普通種 オスの表翅は青色で縁は黒色、メスは濃青色で縁は白色 食草はカタバミ、都市部でも最もよく見られるチョウのひとつで個体数も多い 参考文献:日本の昆虫1400① 文一総合出版 日本のチョウ 増補改訂版 誠文堂新光社 ★★★兎に…

続きを読む

瑠璃小灰蝶

★☆★『親水公園のチョウ 』 ルリシジミ シジミチョウ科 26~33mm 北海道~九州 3~10月 平地~山 ヤマトシジミに比べ大型で、裏面は白っぽく、黒色点は小さく少ない。内側の黒色点に比べ外縁に沿う黒色点は淡い。オスの前翅表面に白色紋はない、翅裏面の黒色点は離れる傾向がある。 ★☆★この写真は8月17日に撮ったもので、浅葱斑に熱中していた日でした。すぐ脇のミソハギ(今年のミソハギは当り年)…

続きを読む

高三郎

★☆★『親水公園の野草 』 タカサブロウ 高三郎 キク科タカサブロウ属 一年草 花期:7~9月 分布:本州~沖縄、小笠原 生育地:湿地、水田、畦 草丈:20~60cm 別名:モトタカサブロウ 花茎:1cm 葉は対生  ★☆★この花が公園に咲き始めると『秋』だと感じます。今年は雨が多くて涼しいので余計秋らしいですね。小さくて地味な花ですけれどよく見ると、筒状花+舌状花の正しいキク科の形をしていま…

続きを読む

接種率

★☆★『太陽光発電トラブル ① 』この写真は今年の1月に撮影したもので、この頃は南向きの窓内側に吊るしての使用でした。この程度の杜撰なセッティングでも10~20Wを発電していて、1週間あれば50%を100%まで充電可能でした。ところが8月にはいつまでたっても100%になりません。勿論、太陽に合わせて角度や位置も変えています。天候不順が続いたのでそのせいもあるかと、8月30日の晴れた日にベランダで…

続きを読む

牛蛙 幼体

★☆★『親水公園の両生類』 ウシガエル 牛蛙 別名:食用ガエル アカガエル科アメリカアカガエル属 北米原産 体長:11~18cm 体重:500~600g オスの背面は暗緑色で淡黒色の斑紋がまばらにあり、メスの背面は褐色で斑紋はオスより多い。雌雄共に腹面は白い。夜行性、「ブオー、ブオー」と牛に似た大きな声で鳴くのが名前の由来。河川、湖沼、湿地に生息。肉食性で昆虫、爬虫類、魚類、共食いもする。191…

続きを読む

靑紋糸蜻蛉♀

★☆★『親水公園の昆虫』 アオモンイトトンボ 靑紋糸蜻蛉 次には当然アオモンの成熟したメスを載せないとまとまりません。しかしながら、ちょうどよく見える場所になかなかいてくれません。それでなくともイトトンボは小さいし色も難しいですから、単独でいる時にこれこそアオモンのメスだと断言するのは私の知識ではまだまだ無理です。そんな訳で交尾しているのなら雌雄で間違いない、はず・・・・・です。 参照:日本のト…

続きを読む

靑紋糸蜻蛉

★☆★『親水公園の昆虫』 アオモンイトトンボ 靑紋糸蜻蛉 前々回に登場した♂に続いて♀、それもまだ未熟型で全体に褐色と黒色です。♂に比べて♀を見ることは少ないです。 参照:日本のトンボ 改訂版 文一総合出版 ★★★『エスカ障害犯』は学生時代を過ごしたらしい沖縄で逮捕されました。金があって逃げる気で沖縄まで来たにしてはあっけない結末でした。逆に言えば、地下に潜らない限りどこへ逃げても見つかってし…

続きを読む

紫燕

★☆★『親水公園のチョウ』 ムラサキツバメ 紫燕 チョウ目シジミチョウ科 開帳寸法:30~40mm ムラサキシジミよりやや大きい オスの表翅は暗紫色でメスは紫青色 裏翅は雌雄共に褐色地に濃褐色の不規則な斑紋 特徴的な尾状突起があるので他の種との見分けられる 参照:フィールドガイド日本のチョウ 誠文堂新光社、ウィキペディア ★☆★食草がマテバシイやシリブカガシなどブナ科なので、この公園ではもっと…

続きを読む

ESCAの掟

★☆★『あんぱん』 たまたま目に付いたので買ってしまいました。子供達には喜ばれると思うのですけれど、大人の世界ではシャレでは済まない難しい問題があるかも知れません。あの人ならオーケー!OK!と言いそうな気がするのですけれど。 ★☆★昨晩のニュースで、地下鉄出口で男性客が後ろから来た小太りのオッサンに硫酸らしき液体を顔に掛けられたという事件がありました。右上に防犯カメラがあったので、まともに動い…

続きを読む

靑紋糸蜻蛉

★☆★『親水公園の昆虫 アオモンイトトンボ 』 トンボ目イトトンボ科アオモンイトトンボ属 29~38mm 4~11月 本州~九州・南西諸島 海岸~丘陵 河川や池などの周辺で見られる。雌雄で体色が異なるが、たまにオスの体色によく似たオス型メスが出現する。胸の前肩条が消失した黒色型がある。 ★☆★公園内でイトトンボといえば、ほとんどがアオモンイトトンボと云う位ありふれた種です。ただ、前の説明でも雌…

続きを読む

錦花鳥

★☆★『親水公園の野鳥 キンカチョウ 』 錦華鳥(錦花鳥)スズメ目カエデチョウ科 原産地オーストラリア 体長:10~11cm 日本では明治期に輸入されて以来ペットとして飼われ、品種改良されて50種以上の色変わりが作りだされています。 参照:ウイキペディア ★☆★籠脱けだと思われるので「野鳥」とは言えないかも知れません。スズメと一緒にいました。なんだかこの文章に既視感がありますが、わたしの思い違…

続きを読む

半夏生

★☆★『親水公園の野草 ハンゲショウ 』 半夏生 半化粧 ドクダミ科 水辺などに生える多年草 葉は互生し卵形で花期には白くなる 花は穂状で花弁の無い小さい花が多数つく 花穂は最初垂れているが開花に連れて立ち上がって来る 葉の様子から別名はカタシログサ(片白草) 花期:6~8月 環境:水辺、湿地 分布:本州~沖縄 草丈:50~100cm 参考文献;日本の野草300 冬・春 文一総合出版 ★☆★初…

続きを読む

熊蝉

★☆★『親水公園の昆虫 クマゼミ 』 カメムシ目セミ科 全長60~70mmの大型のセミ、ミンミンより大きいのでこの公園では最大種でしょう。翅は透き通っているが、付根付近の翅脈が緑色で目立ち体は黒色。腹の白帯は個体によって変化する。鳴き声は「シャアシャア・・・」と甲高く他に似たものはいない。分布;関東中部以南、四国、九州、南西諸島 成虫;7~9月 参照:日本の昆虫 1400 ① 文一総合出版 ★…

続きを読む

縄文

★☆★『今月の本 2021年8月分その(2)』「発掘された日本列島 2021 調査研究最前線」です。文化庁 編著 共同通信社 発行 本体1800円+税 2021年6月10日第一刷発行 B5版で71頁 フルカラー 46万ヶ所以上の遺跡がある日本列島では、毎年約9000件の発掘調査が行われています。そのうち全国的に注目された成果を「発掘された日本列島」展として公開し、編集発行されたものです。文化庁長…

続きを読む

今月の本

★☆★『今月の本 2021年8月分』が届きました。「日航123便 墜落の新事実 目撃証言から真相に迫る」青山透子 河出書房新社 2017年7月30日初版発行、10月20日16刷 定価1600円(税別)帯には森永卓郎氏が「今迄の陰謀説とは明らかに違う! 学者が論文を書くスタイルで、根拠を明らかにして、証言を集め、事実を積み重ねている。僕が今もっとも注目する本。隠された真実がここに!」 驚愕の真相…

続きを読む

感染者

★☆★ 台風の影響なのか空模様が目まぐるしく変わった一日で、ついつい出掛けるタイミングを逃してしまいました。強い南風が今も吹き続けているので、吹き飛ばされて来た珍しい生き物が明日でも見られるかも知れません。 ★★★『今日のCOVID19』 国内の感染者累計が6日に100万人を超えたそうです。昨年1月の1例目から今年の4月9日で50万人、その4か月後に100万人ってのは急拡大中ですね。インド由来…

続きを読む

浅葱斑#8

★☆★『親水公園の蝶 アサギマダラ ♂ #8 』 タテハチョウ科マダラチョウ亜科 滅多に会えない浅葱斑と会えて撮影も出来たので、ついつい何枚も並べてしまいました。少々子供じみていたかも知れません。最後の今日はこの土地柄を端的に表す1枚として、「逆さ富士」ならぬ「逆さスカツリ」です。池の脇に生えるミズヒマワリの花とチョウ、その背景は池に映るスカイツリーのアンテナ部分です。波のせいで少し乱れているの…

続きを読む

浅葱斑#7

★☆★『親水公園の蝶 アサギマダラ ♂ #7 』 タテハチョウ科マダラチョウ亜科 撮影は運よく2日間に渡って続けられました。このように最後には敵意の無い事を理解してくれたのか、手を伸ばして5cmの距離まで近づけました。私の廻りを何度も飛んだりして、まるで遊んでいるようでした。親近感そのものに優雅な飛び方と、多くの人にこのチョウが好かれている理由が分かります。 参照:日本の昆虫1400①(文一総合…

続きを読む