黄波白姫尺

★☆★『親水公園のチョウ&ガ(23)キナミシロヒメシャク 』 黄波白姫尺(今回は当字です)チョウ目シャクガ科ヒメシャク亜科 開帳20~25mm 成虫5~9月 本州・四国・九州・対馬・屋久島、シベリア・朝鮮・中国 白地に薄茶色の波模様 草地に多い 幼虫はソメイヨシノの葉を食べる  ☆★☆シャクガは尺蛾で、要するに幼虫は尺取り虫のよう…
コメント:0

続きを読むread more

頭高 初見

★☆★『親水公園の野鳥(35)カシラダカ 』 頭高 スズメ目ホオジロ科 体長15cm ユーラシア大陸北部・アリューシャン列島で繁殖 冬鳥として中国東部などで越冬する 北海道は通過し東北から九州以北にも渡来 繁殖期以外は数羽から数10羽の群をつくる 農耕地・低木林・林縁・河原などで草の種子などを食べる オスの頭は夏黒く冬は茶褐色で、白…
コメント:0

続きを読むread more

大黄野冥蛾の雌

★☆★『親水公園のチョウ目 オオキノメイガ 』 大黄野冥蛾 ツトガ科ノメイガ亜科 成虫出現時期:6~11月 北海道~沖縄 開帳:42~45mmでノメイガの中では大型 明るい黄色地に黒~茶褐色の大小斑紋 日陰の草地、葉の裏などに逆さにとまる事が多い 触覚が長く後翅縁近くまであり、翅の縁は短いフリンジ状になっている オスは腹の先に褐色の…
コメント:0

続きを読むread more

常鶲の雌

★☆★『親水公園の野鳥 ジョウビタキ 』常鶲(尉鶲)お馴染みの冬鳥で今期初めてです。ツグミがそろそろ来るだろうと思いながら歩いていたら、ジョウビタキのメスが先にご到着です。最近の冬の親水公園では定番鳥ですから安心しました。オスの姿を早く見てみたいものです。 ★★★ちょっと小耳に挟んだのだけれど、先進国の災害時避難所には、真っ先にキ…
コメント:0

続きを読むread more

裏波小灰蝶の表翅

★☆★『親水公園のチョウ(15)ウラナミシジミ ② 』裏波小灰蝶 またまた登場です。自分で、なかなかよく撮れているなんて言うのはこの写真のお蔭です。この2年でウラナミの表翅を全開で撮ったことがありませんでした。 だいたい蝶は翅の裏表と雌雄で色や柄が違うので、その4種類を確実に撮らないといけないし、中には春型、夏型、秋型とか変化するヤ…
コメント:0

続きを読むread more

裏波小灰蝶

★☆★『親水公園のチョウ(15)ウラナミシジミ 』裏波小灰蝶 再登場です。おそらく今年最後のウラナミシジミの写真になると思うし、なかなかよく撮れています。 (=_=) 夕陽の逆光で撮ったので翅の周囲のフリンジが白く光っていて綺麗です。数少ないわたしのチョウ写真の中で、このフリンジがあるのはシジミ仲間のベニシジミだけです。 改めてベニ…
コメント:0

続きを読むread more

大青糸蜻蛉

★☆★『親水公園のトンボ(11)オオアオイトトンボ 』 大青糸蜻蛉 トンボ目アオイトトンボ科 体長:41~51mm 成虫の出現時期:5~12月 分布:北海道~九州 オスは光沢のある緑色の大型イトトンボ メスの識別は困難との記載 平地から山の池や湿地の周辺・林内でも見られる 水面に張出した枝に産卵して孵化後幼虫は水面に落下、池で成長す…
コメント:0

続きを読むread more

花蔓草

★☆★『親水公園の野草 番外編 ハナヅルソウ 』 この花は大横川親水公園では見ることはありません。隣町の横川にある木造アパート(らしい)の道路沿いで見つけました。暑い頃でしたが初見は厚めで半艶の葉は如何に安物の装飾品、そのうえ小さくて細い花弁が沢山ついた深紅色または濃紅色の花はどう見ても造花でした。その時はネットでも名前は分りませんでし…
コメント:0

続きを読むread more

狗尾草

★☆★『親水公園の野草(57)エノコログサ 』 イネ科エノコログサ属 1年草 北海道~沖縄 原産地:ユーラシア大陸 花期:8~11月 草丈:20~70cm 日当たりのよい畑地や荒れ地 円柱状の花穂に多数の小穂をつける 縄文時代後半にアワ作と一緒に渡来、粟の原種とと考えられている 犬(狗)の尾似の草、犬っころ草、別名 ネコジャラシ …
コメント:0

続きを読むread more

阿蘭陀海芋

★☆★『親水公園の野草(58)カラー(オランダカイウ) 』 サトイモ科オランダカイウ属 阿蘭陀海芋 南アフリカ原産 江戸末期渡来 名前の由来は海外から来た芋で、カラーはカトリックの尼僧の襟に似ているため 湿地性で白花 畑性は黄・ピンク等 多年草 草丈:30~100cm 白花は仏炎苞で黄色の棒状が花(肉穂花序) 葉は大型の矢尻状で長い柄、…
コメント:0

続きを読むread more

掃溜菊

★☆★『親水公園の野草(56)ハキダメギク 』 掃溜菊 キク科コゴメギク属 北アメリカ原産 大正時代に帰化 1年草 道端・畑地・庭など 花期は6~11月 草丈は10~60cm 花径は5mm程で白く切込みのある舌状花が5枚 葉は対生し長さは3~6cm 葉も茎も毛が目立つ コゴメギクは似ているが毛が少なく舌状花は小さい ☆★☆いやはや何と…
コメント:0

続きを読むread more

背高泡立草

★☆★『親水公園の野草(70)セイタカアワダチソウ 』 背高泡立草 キク科アキノキリンソウ属 多年草 分布:北海道~沖縄 花期:10~11月 花丈:1~2M 原産地:北アメリカ 黄色の小さな花を多くつける円錐花序 種子と地下茎で増え群生する 第二次世界大戦後野生化した帰化植物 別名:代萩 葉・茎に毛が生える 薬効がありハーブティーにもな…
コメント:0

続きを読むread more

白花桜蓼

★☆★『親水公園の野草(シロバナサクラタデ) 』 白花桜蓼 タデ科イヌタデ属 分布:北海道~沖縄 雌雄異株 高さ:50~100cm 花序は穂状で長く先は垂れる 花被は白 5裂して長さ3~4mm 雌花では花柱が長い 雄花は雄蕊が長い 花期:8~11月 葉は披針で鋭尖頭 基部は楔形 長さ7~16cm 質厚・両面短毛 サクラタデは花被長が5~…
コメント:0

続きを読むread more

黄鶺鴒

★☆★『親水公園の野鳥(34)キセキレイ 』 黄鶺鴒 スズメ目セキレイ科 体長20cm 頭部・背は青灰色、眉斑は白、翼は黒褐色で飛ぶと細い白帯が出る、尾も黒褐色で両端が白く上下に振る、最大の特徴は腹から腰が綺麗な黄色、九州以北で繁殖、平地から標高2000M以上の高地までいる、池・湖沼・川等の近くで暮らす。(フィールドガイド日本の野鳥 高…
コメント:0

続きを読むread more

彼岸花

★☆★『親水公園の野草(68)ヒガンバナ 』 彼岸花 ヒガンバナ科ヒガンバナ属 花期 9月 多年草 中国原産 草丈30~50cm 分布 北海道~南西諸島 別名 曼珠沙華、リコリス 田畑の畦・堤防・墓地など、やや湿った場所に彼岸の頃に咲くのでこの名前になった。 ☆★☆稲作と共に中国から渡来、混入またはモグラやネズミよけに持込まれた。生薬…
コメント:0

続きを読むread more

地震命綱把手

☆★☆台風19号については未だに被害の全容を把握できていないようです。堤防の決壊は7県の55河川79か所、朝は73人だった死者が夕刊では74人に、不明は13人変わらずです。被害を受けられた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。 ★BBCワールドニューズでも映像付きで放送されていました。日本では台風19号ですが放送では台風ハギビス、これだ…
コメント:0

続きを読むread more

水引

★☆★『親水公園の野草(71)ミズヒキ 』 水引 タデ科ミズヒキ属 多年草 北海道~沖縄 朝鮮半島~中国~インドシナ半島に分布 高さ40~80cm 細長い軸上にまばらに小花をつける 紅白の花は花弁ではなく萼片(今回の写真では蕾で咲いた花はありません)で深く4枚に裂ける 雄蕊は5本で雌蕊は花柱が2つに裂け先が曲がる。 ☆★☆ムラサキ…
コメント:0

続きを読むread more

紫小灰蝶

★☆★『親水公園のチョウ(20)ムラサキツバメ 』 今回は再登場の続きです。その時に数10枚撮った写真の中で、表翅が写っていたのはこの1枚です。1M弱の距離で単写、オートA、ノーファインダー、ノーストロボでの成果はこんなものです。まだまだ修行中を思い知らされますね。曇天なので、S優先ISO高感度も選択肢ですけれど、撮影後の処理速度が落ち…
コメント:0

続きを読むread more

紫燕

★☆★『親水公園のチョウ(20)ムラサキツバメ 』 今回は再登場です。南方系(近畿以南)のチョウだったムラサキツバメが、ナガサキアゲハなどと共に北上して東京で同定されたのが2000年だったらしいよ、なんて話を友人としながら親水公園を歩いていました。これが幼虫の食樹のマテバシイだね、と言った途端に本人が登場しました。今年4回目の遭遇です。…
コメント:0

続きを読むread more

屁糞葛

★☆★『親水公園の野草(66)ヘクソカズラ 』 屁糞葛 別名 ヤイトバナ(灸花)、サオトメバナ アカネ科ヘクソカズラ属 多年草 北海道~沖縄 インド・中国・フィリピンなど東アジアに広く分布 蔓性 花期:6~9月 花径:1cm 釣鐘型の白い花で先は5枚に分かれ中央は紅紫色 葉は緑で細長い卵型で対生4~10cm 葉と茎は悪臭するのが名前の由…
コメント:0

続きを読むread more