あのひまなんだこと

☆★☆『親水公園の野草 41 ネジバナ 』 捩花 ラン科ネジバナ属 多年草 別名モジズリ、ネジリバナ 5~8月 花穂が螺旋状に咲くのでこの名前が付き、右回りと左回りがある 実物の色は写真の紫ではなくきれいなピンクです 日本全土 江戸時代には栽培されていた 10~40cm ヨーロッパ東部、シベリア、アジア、オセアニアに分布 ある日気が付くと背の低いこの花がそこら中に咲いていて見惚れてしまいました。…

続きを読む

ひとのなやみのほとんど

★☆★BSで『SONG TO SOUL』という番組があります。今まで他の番組と録画バッティングしていたのが解消され、わたしの永久保存版の仲間入りして見るのも楽しみです。色々あったConnie Francisが『VACATION』のなかで「私はプロデューサー役をしていて、曲・ミュージシャン・スタジオ・エンジニアなどを選んでいた。この曲で何をしたかというと6秒早めた。そうすると当時の私の声が、よりテ…

続きを読む

せいとうかされたさつ

★☆★東京も梅雨入りのようです。「と、見られる」との常套句が付いています。午後から雨が降って来たので、傘嫌いのわたしは銀行へ行くのをやめました。多少涼しいので楽かも知れませんね。 (^O^)/ ★★★宇宙好きのわたしにとってはたいへん興味深いニュースがありました。『米海軍がUFOの調査に本格的に取り組む』『UFOを目撃したパイロットなど軍関係者が報告する手順を制度化する準備をしている』です。『…

続きを読む

すいたいしたまち

★☆★昨日の日曜日19時41分頃『東京湾を震源とするM3・4の地震』があり震度1だったようです。気象庁のH・Pでは東京湾の南側(太平洋寄りにX印)が震源のようでした。まぁ~年に1回は東京都で直下型地震があるので、今年のノルマはクリアーしたのかな?!? ★★★最近の記事で気になったのは『日本の歩行者死亡率世界一』みたいな、有難くない内容の東新です。最近も報道が続く交通事故の死者のうち歩行中の死者…

続きを読む

あいてはにんげんだ

☆☆☆今月19日の東新「こちら特報部」に、日本の交通事故で歩行者の死亡率が欧米に比較して異常に高いとの特集がありました。2016年の資料では、日本の歩行者死亡率は全交通事故死者の35%です。アメリカは16%、フランスは16・1%、スウェーデンは15・6%、ドイツは15・3% と日本は2倍以上です。欧米では馬車の時代に歩行者を守る歩車分離が徹底された。それに比べ日本では歩行者の道路に、後から車が走…

続きを読む

こびないぶれ

☆☆☆時々尋ねる大横川親水公園ですけれど、行くたびに新しい発見があります。無職の老人にとっては「金」がかからず、「友人」や「組織」に頼ることなく、「時間」に縛られず、有難いです。22日の午後に小川沿いを歩いたら、4cm径で6cm位の提灯のような薄紫の花が咲いていました。数日前に来た時にこんな花は無かったぞ、と思いながらシャッターを切りました。 ★☆★『親水公園の野草 #37 ホタルブクロ』でし…

続きを読む

くさるな!なげるな!あ

☆☆☆きのうの地方選は如何なんでしょうか、投票率が下がり続けているような話も聞こえます。ここの地元でも現職が勝ったようで、変えて悪くなるよりも現状維持の方がまし、的な選択でしょうか。どうみてもバブルを引き摺ったような箱物好き、人口が増えているのですべてオッケー!!!・・・・・ なんちゃってね (^O^)/ ★☆★この一週間は公園に行くたびに転んでばかりいる七星転倒、おっと間違いた「ナナホシテン…

続きを読む

なぐられたら、

☆☆☆『親水公園の野鳥』として上空を飛びながら鳴いていたり、向かいのマンション屋上で一休みしていたりして、お馴染みさんですがまともな写真を撮れなかった野鳥の筆頭は、「カワラヒワ」です。アトリ科で緑褐色スズメ大と地味な鳥で、特徴は尾がくさび型で雨覆いは黄色く翼をたたんでも目立ちます。鳴き声は「キリリコロロ」と高音美声ですから、ベランダで見逃しても耳で確認できました。高いケヤキの枝にいたのを晴天バッ…

続きを読む

ひとばんかんがえて

☆☆☆相変わらず寒の戻り?か、花冷えなんでしょうか? 1時間も出掛けると手の甲が真っ赤になって痒くなる例の症状が出ます。ある時から発症する花粉症のような、アレルギーによる病の症状です。年を取ればとるほど身体の抵抗力が落ちて発症頻度が増え、完治することはないようです。セレスタミンは役立たず、アレロックが劇的に効くのは最初だけ。結局薬品には頼らず外に出ない事だけが解決策と悟りました。 ☆★☆『親水…

続きを読む

ひとはとしをとる

☆☆☆今日のこの寒さはなんですか。関東で雪の便りが聞こえて来るし、朝から気温がどんどん下がっていて、春分の日にベランダに出したハイビスがぐったりしています。まぁ~過去に東京で桜の花に雪景色は経験していますから、よくある事ではないけれど騒ぐ程ではありません。出掛ける予定が無くてほっとしているのは本心です。冬(のような日の)雨は大嫌いだ。 ☆☆★昨晩19時14分北西13°から19時17分南南西64…

続きを読む

たにんがわたしの

☆☆☆気になったので昨年ルリタテハを見た時の写真で、周りの植物の様子を確認しました。3月末の草地は今年より全体的に草が生えていて、スギナなどの背丈も10cm位は伸びているように見えました。晴れてお花見日和です。風が冷たいので近所の桜はまだ満開まで至りません。これなら入学式に桜吹雪の写真が撮れるかも知れませんね。  \(^O^)/ ★☆★『親水公園の植物#2』は白または青みの花で『ハナニラ』。…

続きを読む

いつわりのき

★☆★昨日から一日中の雨で寒くて引き籠り。FM891を聴きながら、溜まっていた新聞切抜きの整理をしていました。天気の良い土曜日に、大横川親水公園~猿江公園~亀戸天神社と、約1万歩歩いたのは正解でした。 ☆★☆最後の亀天ではまだ『梅まつり』の最中で人出は多く、大半の人がスマホで写真を撮っていました。缶ビールを飲みながら境内を一周、なんだか2週間前と同じことをしている気がします。参道にいたニコンフ…

続きを読む

ひとはみなし

★☆★今日から3月です。といっても真冬つながりなので充分寒いです。マンションの理事会に行く途中も、一応カメラを持って万崋池を目指しました。カラスより大きくて黒い鳥が下りていくのが見えたので、急いで池の南側にいくと特徴的な沈没しかけた船みたいに泳いでいる鳥が見えます。背後にはアオサギいたのでツーショットを2枚撮ったら、すぐに飛び立ってジ・エンドです。後で飛んでいく写真の背中に色から『カワウ』と判断…

続きを読む

おもいやりのある

★☆★今月の19日に1006hPaだった熱低が翌日には台風2号に発達。名前はウーティップ994hPaから、本日15時には915hPaの猛烈な勢力の台風に発達しました。このような事は1977年の記録から初めてのようです。ただ、北上して日本に近づくことはなく、遠からず消滅に向かうようです。早春の椿事ってやつ、でしょうか? (^o^)/ ☆★☆亀天と万崋池で続けてカワセミを撮ったので、プリントを見て…

続きを読む

せきにんをもてる

★☆★きのうは梅に誘われて亀戸天神へ行ってきました。天気は良いし北風も弱いのでわたしにとって散歩日和です。日曜日なのでかなりの人々が参拝に並んでしたね。わたしは缶ビールの置いている屋台を見つけて350ml缶500円で購入、天神さまも商売がうまいです。飲みながら池の上の遊歩道からアオサギを眺めていたら、視界の奥を青い点が一瞬斜めに飛びました。おっ~と、なんと運よくカワセミとの遭遇です。 ☆★☆今…

続きを読む

げーむをたのしみ

★☆★前回とほとんど同じセリフで始めないといけません。昨日のニュースには正直とても驚きました。新聞の死亡欄にもいつものグラサン姿があったからです。『噂の真相』元編集長、岡留康則 肺癌のため死去 71歳 鹿児島県生。1975年頃創刊の『マスコミ評論』が、その頃仕事場の室町4丁目の本屋においてあり、月刊『創』と毎月購入したのが始まりです。『マス評』は分裂して『新雑誌X』『噂の真相』になり(と思う?)…

続きを読む

どうきは

★☆★どうやら先週の高熱はインフルのせいだったようですね。聞いた話では今年のインフルは咳が出ないケースがある、との事でした。病院関係者の話ですから、かなり信憑性があると思います。原因が分かってホッとしました。今月分として書店に依頼していた本がやっと届きました。 ☆★☆1冊目はこれで、昨年12月25日発売以来、現役NHKが退職して書いた批判本です。文芸春秋刊 相澤冬樹著 「安倍官邸VS.NHK」…

続きを読む

たぶん、おそらく

★☆★『親水公園のトンボ』その6は『ギンヤンマ』です。子供の頃からトンボの王様と言えばオニヤンマでした。大きくて優雅に飛び目立つ配色で滅多に会えない頂点です。自分で捕獲したことがあるか覚えていません。去年の夏の親水公園にいたと、確認は出来ませんでした。そして次にくるのがギンヤンマです。オスの腰の水色は、緑色から茶色の野外において人工的なくらい特別な色合いで目立ちます。昨夏は親水公園の水場のあちこ…

続きを読む

まなばない

☆☆☆気が付いたら12月もあと一週間なので、今月購入した本を載せたいと思います。『古事記及び日本書紀の研究』津田左右吉著 毎日ワンズ 新書版 定価1100円+税 建国の事情と万世一系の思想 古代史を科学的に捉えた不朽の歴史書、ついに新書化」戦前に出版され昭和15年に発禁になったものの再販。天皇誕生日の振替休日に読むに相応しい一冊ではないかと。今年の5月16日に発行、わたしの手元に届いたのは第15…

続きを読む

いちじさんぎょうをほうき

★★★『親水公園の蝶』の14番目と書いて『?』が出ました。手元のリストでは今年写真を撮った蝶は14種になっています。あと2種あるので確認したら、11番が抜けていました。10月17日から3連続でUPしたアサギマダラを当てはめます。そして今日は『キタテハ』です。最も進化したチョウの仲間で、最初はツマグロヒョウモンの♂と、次にシータテハと間違えた『キタテハ』です。他の蝶の翅は曲線が多いのに、タテハチョ…

続きを読む

偶然は重なる

☆★☆『大横川親水公園の蝶』の7番目は『モンシロチョウ♀』です。新聞の折込チラシにK産党の区議会ニュースがありまして、その中に「隅田公園の樹木約250本のうち100本も伐採するのを多くの区民が批判している」との記事がありました。すると、親水公園の樹木伐採も同じ流れの中で行われているのでしょうか? 区には「緑化宣言」があるそうで「それに反するし、緑よりも開発を優先する区の姿勢を問題だ」としています…

続きを読む

このわたしだって

☆★☆暗くなったら、ぐぅ~~んと冷えてきましたね。いよいよ最高気温が10度以下の冬の生活になると思うと、どうも気が滅入ります。窓のほうから足元に冷気が流れてくるのが分かります。11月半ばですから例年に比べれば、今年は暖かい方なんでしょうね。今年こそ思い切ってあの日溜り何とかっていう、エベレスト用最高級下着を買って暖かい冬を過ごしたいものです。 ★☆★と言いながら霊倉庫から、おっと間違いた、冷蔵…

続きを読む

おじさんのしんじょうとして

☆★☆前回の『日本中どこでもいつでも最大級の地震が起こる』で個人的に気になるのは、東海沖地震と関東大震災です。墨田区在住ですから特に後者が次はいつになるのか、いつでも頭の隅に「恐怖」として存在しています。100年近くたって防火建築化されてきたので、木蜜地域以外は1923年のような被害はでないでしょう。 ★☆★野鳥の居ない両国の安田庭園に行ったついでに、横網公園の復興記念館をのぞいてみました。わ…

続きを読む

しょくたくをかこむにん

☆★☆アゲハチョウ狙いで公園を訪れるようになって、黒と黄色でほとんどナミアゲハと同じような「キアゲハ」を探しました。前翅の内側がナミアゲハは白地に黒線、キアゲハは黒地または濃い灰色です。この春から秋までの間に写真に撮れたのはすべてナミアゲハでした。食草がナミアゲハはミカン科のミカン・カラタチ・サンショウ等、キアゲハはセリ科のニンジン・セリ等です。この公園または墨田区に食草があるかないかの問題かも…

続きを読む

多くのものを

☆☆☆秋雨前線真っ盛りで、冷たい雨が降り続けています。雨にあたると寒冷性蕁麻疹の季節になってしまいました。これから半年の間つづくのは鬱陶しいですねぇ~。 ★★★新聞は遅れても一通り読んでいるつもりでした。しかし、今日の東新社説の「活断層の存在は一般に地表に現れる。だが、北海道地震の震源は、今の科学では見つけようのない地中に埋もれた断層だった。北海道で起こったことは、日本中どこでもおこりうる」と…

続きを読む

大人になるって

☆☆☆今朝がたはトイレのついでに、押入れから毛布を引っ張り出しました。ベランダ側の窓際に置いた温度計は今18度です。秋を飛ばして初冬へ移ろうとしている嫌な予感がします。たまっていたBBCニュースを見たら、先週米国に上陸した1000年に1度の大型ハリケーンがあって、100万人に避難命令が出たようです。記憶は曖昧なのですが、この避難命令は上陸の3日前に発令して罰則があるとか。 ★☆★この写真はその…

続きを読む

仕事はうまく

☆☆☆今日が今年の一番秋らしい日だったかも知れません。池の傍に彼岸花が咲きました。去年は見た気がしないので、誰かが移植したのでしょうか。そう言えば、そのものずばり『曼珠沙華』という歌がありましたね。竜童・燿子・百恵の最強トリオで1978年の発売でした。名曲です。思い出せば、春には水芭蕉がポツンと1輪咲いていましたね。偶然とは思えません。風流な誰かさんの意志を感じます。今宵は豪雨もなさそうなので買…

続きを読む

はじもたくさんかいた

☆☆☆きのうも暑かったです。年に1回の事なので区の『吾妻橋フェスタ』夜バージョンを見に行って来ました。階段の観客席が高速の高架で日陰になっている時間に、きのう浅草サンバカーニバルに参加したと言う『バツカーダ』約50人が演奏しました。どうみても平均年齢は還暦過ぎです。ニュージーランドから来た連中で打楽器(カネや太鼓)を打ち鳴らし、心から楽しんでいるし疲労感とも無縁のようでした。羨ましいね~、知合い…

続きを読む

ここに来て人生

☆☆☆まぁ~ 残暑はいつでも厳しいものですね。風があっても空気全部が暑いです。今月の単行本は『よみがえる戦時体制 治安体制と歴史の現在』荻野富士夫 集英社新書 2018年6月20日発行 270頁。帯には『戦争の出来る警察国家の誕生 あたらしい戦前 テロ防止・治安維持を口実に国民を監視、抑圧。国家の暴力装置の恣意的運用を阻止・是正するために必要なのは何か。歴史をふまえ現状分析したのが本書』とありま…

続きを読む

仕掛けてくる手

☆☆☆月刊誌は1冊減って毎月3種類購入しています。尾籠な話、朝のトイレが早く済んでしまうと中々読み進みません。それ以外に単行本、と言っても金額と置く場所の問題で新書が主ですが1~3冊と会員月報が1部あります。1ヶ月以内にすべて読み終るのが理想です。とても無理なのは最近DLIFEの録画を見る時間が増えたからかも? (-_-;) ★☆★今日のラヂオで宮台教授が言っていた事です。「70年代に訪中した…

続きを読む