阿蘭陀耳菜草

2020DSC02128オランダミミナグサ.jpg☆★☆『親水公園の野草#87 オランダミミナグサ 』阿蘭陀耳菜草 ナデシコ科ミミナグサ属 秋に発生する越年草 一年草 ヨーロッパ原産の帰化植物 日本全国至る所で見られる 花期は3~5月 大きさは10~50cm 花は白い5弁花で集散花序、花弁の先が浅く2裂 茎は直立 葉は対生し楕円形で先がやや尖る 茎・葉ともに毛が多い
★☆★昨年4月に撮影して名前も同定済だったのに、プリントもリストに書き加えることもしていなかった。ま、ボケをかました5種のうちのひとつです。明治時代後期には帰化していたようで、本州から沖縄までどこにでもいる植物です。親水公園では、昨年11月頃から小さいけれど特徴のある葉っぱがあちこちで見られるため、何だろうと楽しみにしていました。花が咲き始めたら、あららって訳です。
★★★ちょっと小耳に挟んだのだけれど、有名な北欧の環境活動家の高校生が「原子力は、脱石炭を目指すエネルギー問題のささやかな解決策になり得る」とFBに投稿したそうですね。「グレータスよ!お前もか!何がささやかなんだ!」と叫びそうになってしまいました。デジャヴですね。PtをFeに替える魔法の粉を持っているのでしょうか? ネットで東電福一事故を検索する事をご両親にお勧めします。
『地震に備え、水と食料にカセットコンロ・災害トイレとトレペを1ケ月分』
*****      *****      *****

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント