アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
冒険者と影達への追憶
ブログ紹介
主なテーマは長〜い付き合いの、冒険者(ヴェンチャーズ)と影達(シャドウズ)についての思い出話や、今まで体験した音楽やギターの話を中心に趣味や興味のあること、マンション理事会で経験した事などをだらだらと書いて見ようと思っています

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
人は大切なものを諦める
人は大切なものを諦める ☆★☆わたしの住んでいるマンションは、1981年6月の新耐震基準に滑り込みアウトです。それで個人的には行政指導を期待しながら、どの程度の耐震性があるのか現実を知りたいと思っていました。それには費用をかけて耐震診断をする必要があります。マンションですから「その費用」の見積書を出して貰ってから、理事会を説得して予算案を総会に提出して、賛成してもらうという手続きがあります。第1歩として「耐震診断概算費用」を、区の耐震化アドバイザー制度を利用して提出してもらいました。 ★☆★左のスキャンした書類が、そ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/18 20:19
人は時として
人は時として ★★★『親水公園の昆虫シリーズ #06』は先日青天の萬崋池で撮った『アオイトトンボ』です。これは似たような種がいないので、だいたい合っていると思います。ぼんやり見ていた時は赤トンボ以外はシオカラとコシアキしか気が付かなかったのに、その気になって探すといるもんですね。文字情報では見られる期間が5月〜10月(11月)となっているので、4月前半に現れたのは今年の春が異常に暖かかったという事ですね。 ☆★☆先日の『起震車』体験から考えたもう一つの対策は、平凡ですが重く飛んでくると危険なものは固定する、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/16 15:57
大切だと
大切だと ★★★『親水公園の昆虫シリーズ #05』ちょっと後悔しているのは、昆虫写真の世界をいい加減な気分で初めてしまった事です。なんたって人類は1種類、日本で見られる鳥類は500と数十種、同じく昆虫はなんと3万種超だそうです。わたしには覚えきれないし、識別するなんてとても自信がありません。 ★☆★とにかく自信が持てる判断が出来るまで、暫定という事でファイルに名前を付けていきます。本日のところこの子は『ベニイトトンボ』という事にします。写真よりもう少し全体的に赤かったように見えました。絶滅危惧種だとした... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/13 20:17
時々は小さな革命も
時々は小さな革命も ★★★『親水公園の昆虫シリーズ #04』は、ちょっと後悔しているトンボ目で、『ショウジョウトンボ♀』ではないかと思います。前回からちゃんとした図鑑も無い昆虫の名前を確定する自信がありません。 (-_-;) 赤トンボの仲間で、赤と言うより黄色の身体に、翅の根元の赤茶色がネキトンボより狭い。これが判断材料なんですけれど、暫定ということで分類しておきます。時間がたって経験値が上ったら、何でこんな簡単なことに気が付かなかったの?って自分になって欲しいものです。 ★☆★イヤハヤ何とも、昨日はわたしのバ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/11 19:31
人生ってたまに
人生ってたまに ★★★『親水公園の昆虫シリーズ #03』はトンボ目に飛んで最も赤い『ショウジョウトンボ』です。赤トンボと言えばナツアカネやアキアカネの名前が浮かんできます。でも調べてみるとこのショウジョウトンボのオスが最も赤トンボらしい色のトンボです。と、書いたところで再確認したら、どうやら脚が黒いのでネキトンボのようです。訂正してお詫びいたします。素人の悲しさで面倒な世界に迷い込んだのかも知れません。 (-_-;) 前回のルリタテハは、青い鱗粉が乱れていて越冬した個体らしく見えますね。 ★☆★ゆうべは飲ん... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/09 19:58
データを保存する媒体
データを保存する媒体 ★★★『親水公園の昆虫シリーズ #02』は『ヤマトシジミ』です。翅を広げても1,5cmくらいの小さな蝶です。写真の蝶は翅の表側は黒っぽかったのでメスのようで、オスは光沢のある青色らしく是非会ってみたいです。青い蝶シリーズになるかも知れません。ただ、考えてみたのですが前回のルリタテハは、アゲハの命名にならえば「アオスジタテハ」ではないのかと思います。 m(_ _)m ★☆★何か月分も溜まってしまった封筒を開けたら、お馴染みの月報と振込用紙が入っていました。ここの修繕工事などでバタバタしていたら、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/06 20:56
命の目的は
命の目的は ★★★『親水公園の昆虫シリーズ #01』の『ルリタテハ』は表と裏の模様が全く違います。蝶の世界は鳥よりもかなり面倒くさいようで、覚えることが苦手なわたしはずっと避けてきました。この写真は前回と同じ時に撮った裏側の翅の模様です。「褐色の樹皮模様」と表現されるのがこれです。普段止まる時は翅を立てて(タテハチョウ)周りに溶け込んで、安全と分かると目立つ模様の表側を見せる、のかと勝手に思いました。翅の淵は不規則な凸凹になっているし、触覚の先の色は白・黒・茶と変化する結構凝った造りで、このデザイナーはただ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/04 21:08
食器が横に飛んで
食器が横に飛んで ★★★『親水公園の昆虫シリーズ #01』先日、清平橋の下で撮った中くらいの蝶は、『ルリタテハ』でした。わたしの記憶では初見で、黒地にブルーのラインが綺麗な蝶です。調べてみると、日本全国で普通に見られる蝶でタテハチョウ科は約50種類。大きさは中型で羽の淵がギザギザになっている。成虫で越冬するので早春から見られるようです。翅の表に比べ裏側が地味な褐色の樹皮模様、飛翔力が強く素早く飛び同じ場所を往復する。(コトバンクから引用) ★☆★これから、鳥の居ない春夏秋と8ヶ月近く親水公園でカメラを持って歩く... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/02 19:50
米国では
米国では ★★★『親水公園の野鳥シリーズ #20』はこの公園の野鳥の王様『カワセミ』です。大きな騒ぎにならなかったのは、近年23区のあちこちで目撃情報が流れているからかも知れません。要するに「珍しい鳥」ではなくなった、と認識されているのでしょう。10月から翌年3月までの「シーズン」で何回も撮影のチャンスはありました。それでもベストショットはまだありません。それこそ飛び込む瞬間を撮るなら、その場所に焦点を合わせて待っていなければなりません。 ★☆★わたしの使っているS9800では、電源が2分または5分で自... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/31 20:23
いくせんのはじと
いくせんのはじと ★★★『親水公園の野鳥シリーズ #19』は前回がハシブトならば、次は当然『ハシボソガラス』になります。わたしの勝手な思い込みでは都会に多いのがハシブトで、田畑など田舎の開けた土地でよく見かけるのがハシボソです。身体の大きさはひと回りくらい違うし、額があるかないかと鳴き声でだいたい区別がつきます。渋いハスキーな声がハシボソです。英名はハシブト「JUNGLE CROW」で、ハシボソは「CARRION CROW」密林と死肉では逆のイメージかな。この親水公園では両方が見られますが、営巣の時期になるとハシ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/29 15:46
せかいをうごかす
せかいをうごかす ★★★『親水公園の野鳥シリーズ #18』は『ハシブトガラス』です。日本の鳥類の中で頭脳明晰記憶力抜群の嫌われ者、かも知れませんね。何せ雑食性なので人間の生活圏にいれば食生活安定、営巣場所や巣材に困る事がありません。カアカアと鳴くお馴染みの烏です。 ★☆★この土日月3日間はマンション理事会や月例会に、10数年振りに参加した中学の同期会と、ストレスの強い集まりが続きました。理事会は決算月で総会に向けた準備が始まり、大規模修繕準備を含めてちょっと手抜き理事会運営に気が付きました。何かひとつ位修繕工事... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/27 20:16
無視する事は
無視する事は ★☆★これは毎号買っているビッコミオリジナル3/5号。山本おさむ氏の『赤狩り』で、レスター・コーニッグが『ローマの休日』の最後のカットを撮り終えたシーン(1952年)です。この頃ハリウッドは共産党員やそのシンパの追放運動が吹き荒れ、裏切りや密告が横行していた時代。彼は黙秘権を行使して映画界を去る。たしか前作は『そばもん』だった作者が、何故今この作品を書いているのか、興味深いところです。 ☆★☆記憶では『そばもん』でも会津蕎麦を取上げたシリーズで、福一原発事故を批判的に取り上げていたような・・・... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/23 19:13
げんぱつはしょうらい
げんぱつはしょうらい ★☆★過去にも桜が見どころになった頃、東京にドカ雪が降り積もった事がありました。わたしが本郷で仕事をしていた頃だったので25年位前だと思います。自然は人間に対して「何でもあり」攻撃を容赦なく仕掛けてきます。最高気温6・8度ですか、これは真冬なので今日は一歩も外に出ていません。 ☆★☆ちょっと遅めですが、菜の花がやっと¥298で並びました。それで一年に一回だけ「菜の花パスタ」を作ります。今回は香川県産で、いつものは茎が折りたたんであるのに、これは10cm位の花芽を束ねたものでした。今年はマヨ味に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/21 20:20
みらいをひらくのが
みらいをひらくのが ★★★『親水公園の野鳥シリーズ #17』は『ツバメ』です。冬鳥たちは今月の初め頃には皆さん撤収されたようで、あれだけいつでもいたジョウビタキ♂君も消えました。そしてその代わりに夏鳥としてツバメが戻って来ます。昨年は手持ちカメラでツバメの飛翔姿を流し撮りで追いかけてみました。とてもA4にプリントしようと思うような写真は撮れませんでした。これは正面から飛んでくる被写体に、事前にピントを合わせて連写をセット、何回も試したうちの最良の1枚です。 ☆★☆『RE100』についてわたしは無知でした。「地球環... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/19 20:02
憲法を守ろう
憲法を守ろう ☆★☆わたしの電力会社変更はもうすぐ2年になります。あまり話題にならない『みんな電力』で、世田谷区にあります。もちろん行ったことはありません。すべてPCでネットを通じて申し込みカード番号を打ち込んで1件落着でした。普段は電気代をメールしてくるだけの関係です。それが今回初めて封筒が来たので、もしかして販売不振で廃業のお知らせかいなと思いました。 ☆★☆開けてみたらビックリ、挨拶状とハガキ大の『みんでんシール』が2種入っていました。「みんな電力とともにある皆様へ」とあって、『RE100』についての... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/16 20:51
今日の自分の人生は
今日の自分の人生は ★☆★2018年3月12日 米アリゾナ州の病院でノーキー・エドワーズ(82)が死去、と新聞の死亡欄に載っていた。その前にAMラジオでパイプラインをかけながらパーソナリティ・クニマルが淡々と読み上げた。携帯には明け方に友人からのお知らせメールが入っていた。 ★★★VHSビデオの映画「愛すべき侵略者たち ザ・ベンチャーズ ‘66 スペシャル!」、「結成30周年記念 ザ・ベンチャーズ/スーパー・セッション」は1988年、DVDの「ベンチャーズ 結成45周年記念コンサート」は日比谷公会堂で見に行きまし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/14 19:34
さけをやめたら
さけをやめたら ★★★『親水公園の野鳥シリーズ #16』は公園の野鳥としては2番目に大きい『ダイサギ』 89cmです。親水公園では秋から春にかけてしか来ないので、嘴が黒くなったり目先が青緑になったり背に飾り羽が伸びているのは見られません。どこで繁殖しているのか、昔は野田の鷺山っていうのが有名でしたが、荒川沿いに繁殖地があるのでしょうか。 ☆★☆政治や外交で大きなニュースが次々と流れました。『北の問題』は急展開で誰も予想がつかなかったし、そんなにトントン拍子に米朝首脳会談が開かれるとは思えないです。しかし、1%... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/12 20:06
じんるいをぜつめつ
じんるいをぜつめつ ☆★☆新しいカメラのデータをPCに送ることが、やっと前と同じ方法で可能になりました。同じ富士の後継機種なので当然と言えば当然です。画質を『4:3L』にセットしたら7MBにもなっていました。最近PCはご機嫌が悪くネットのページを開いたまま固まります。10年分の画像を溜め込んでいるので重すぎるのかも知れません。『4:3M』にしてみたら2MBと前機種と同じようになったので、重要な写真以外はこれでいこうと思います。 ★★★そんなこんなで白いS4500が動かなくなって3週間位たったでしょうか、なんとか通... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/09 16:05
思い出って事実
思い出って事実 ★★★『親水公園の野鳥シリーズ #15』は公園の野鳥としては大きい方の33cm『キジバト』です。どこにでもいるドバトで見慣れているせいで違和感はないですが、頭と体の大きさバランスがかなり変な鳥です。前回のムクドリより雌雄の見分けが難しいみたいですね。「繁殖期にはオスの目の赤い部分が大きい」と言われても、繁殖で忙しい時期に夫婦で散歩をしているとは思えない、近くで営巣してくれる環境でないと見分けは無理です。 ☆★☆次の日曜日は7年目の11日です。日本では『パリ協定』を無視して、相変わらず原発再稼働... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/07 13:51
貧しくも豊か
貧しくも豊か ★★★『親水公園の野鳥シリーズ #14』ツグミと同じくらいの大きさで一年中公園のどこかしらにいますから、まったく珍しくなく当り前でちょっとうるさい奴『ムクドリ』です。ヒヨドリと同じ留鳥で地味な色だし群れを作りたがるし何だかね。ちゃんとした写真が無かったので今年になってから撮っています。この写真では頭髪が胡麻塩で顎髭は白いなんて、まるで今の私そっくりです。 (-_-;) 嘴と脚が橙色で身体は黒から白のモノクロ、雌雄の見分けは白色の多い方がメスらしいのでこれはオスです。 ☆★☆金曜日夕刊にシネマ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/05 19:35

続きを見る

トップへ

月別リンク

冒険者と影達への追憶/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる