白金葭

☆★☆秋の便りとして新聞に、調布市神代植物公園で通称西洋ススキ「パンパスグラス」が最盛期で、草丈約4Mとの記事がありました。日本名「白金葭」で親水公園にも1カ所だけ、横川橋の下に生えています。ススキより立派ですけれど草原でなく水場のせいか、丈は2Mほどで見ごろはもう少し先になりそうです。 ☆☆☆「メリーポピンズ」では原作の意図が分かると、ついつい自分の立場で愚痴を書いてしまいました。下流階級の…

続きを読む

高三郎

『親水公園の野草 タカサブロウ 』 #114 高三郎 キク科タカサブロウ属 一年草 花期;8~9月 環境;水田や湿地 分布;本州~沖縄、小笠原 草丈;10~60cm 花径;1cm 葉は対生し茎と共に短い剛毛があり触るとザラザラする(日本の野草300) ★☆★ 細い舌状花でキク科という事でヒマワリを連想しました。物凄く縮小されたミニチュアモデルですね。先月の最初頃から咲いていたのかも知れませんが…

続きを読む

紫詰草

『親水公園の野草 ムラサキツメクサ 』 マメ科シャジクソウ属 紫詰草 豆科車軸草属 明治時代に牧草として渡来、全国で野生化した 原産地:ヨーロッパ 帰化植物 分布:日本全土 生育地:草地・道端・畑地 花色:紅紫色(まれに白色) シロツメクサに似るが花の穂が大きく全体に毛がある 別名:アカツメクサ、レッドクローバー 草丈:30~60cm 分岐する茎が立ち上がる  ☆★☆清平橋近くに小さく群生して…

続きを読む

荒地野菊

『親水公園の野草 #110 アレチノギク 』 荒地野菊 キク科イズハハコ属 南アメリカ原産 1~2年草 明治中頃渡来 帰化植物 花期は5~11月 草丈は10~50cm 北海道から九州に分布 道端・荒地・草地など 舌状花は小さく目立たない、中央が黄色 冠羽は白色で球形、非常に目立つ 似ているオオアレチノギクは秋に花が咲き、最近はアレチノギクより数が増えているようです ☆☆☆『100インチシネマ』…

続きを読む

庭石菖

『親水公園の野草 #109 ニワゼキショウ 』 庭石菖 アヤメ科ニワゼキショウ属 北アメリカ原産で明治時代に渡来した帰化植物です。一見ごつい名前の花ですけれど、花径は1cm程で花色は白色または青紫色で中央は黄色です。最初に見たのは横十間川脇でやはり白花系、雑然としたイネ科系雑草の周囲と違う可憐な6弁花は美しく見えました。親水公園では5月の末にジャブジャブ池の近くで咲いているのを見つけました。白花…

続きを読む

半夏生

☆★☆13日土曜の「雨のマンション理事会」に参加した帰り親水公園に寄ったら、見たことのない大きめの緑の葉とヨウシュヤマゴボウのような穂状花序が目につきました。カメラを持っていなかったので、翌日に撮影しに行って来ました。何枚かの葉が白くなっていて、何だろう? ペンキでも付いたのか、病虫害で変色したのか、と考えながら帰宅後図鑑で名前を調べました。 『親水公園の野草 #112 ハンゲショウ 』 半夏…

続きを読む

父子草・父子草擬

『親水公園の野草 チチコグサ? 』 キク科ハハコグサ属 写真のように茎の上部に穂状にかたまって順についているので、茎の先端に筒状花だけの褐色の花が数個つくチチコグサではありません。葉の形もチチコグサは線形ですが、これはヘラ型です。図鑑にはチチコグサ、タチチチコグサ、チチコグサモドキの写真が掲載されています。絶対にこれだ、との自信が持てません。図鑑の文章には「チチコグサモドキの仲間で最近は葉裏が…

続きを読む

姫小判草

『親水公園の野草 #107 ヒメコバンソウ 』 姫小判草 イネ科コバンソウ属 1年草 ヨーロッパ原産の帰化植物 ほぼ日本全土の道端・河原・海岸など 花期;5~7月、草丈;10~50cm 花色;緑 別名;スズガヤ コバンソウより早く幕末に渡来 小穂は卵形で長さは4ミリと小型(コバンソウの小穂は10~15ミリで小判型) ☆★☆苦手なイネ科なので花序ではなく、小穂(ショウスイ)が花ということです。麦…

続きを読む

関東蒲公英

『親水公園の野草 #105 カントウタンポポ 』 関東蒲公英 キク科タンポポ属、分布は本州(関東・中部地方)花期は3~4月、山野の草地に咲き、10~20cm、黄色の舌状花で総苞片は反り返らないのでセイヨウタンポポと見分けられる。セイヨウタンポポは受粉しなくても結実する単為生殖のため増え、受粉が必要なカントウタンポポはミツバチの減少もあり郊外へ押しやられ、ここでも少数派となっています。公園ではネジ…

続きを読む

昼咲月見草

『親水公園の野草 101 ヒルザキツキミソウ 』 昼咲月見草 アカバナ科マツヨイグサ属 北アメリカ原産の帰化植物、多年草、花期は5~7月、道端や荒地など。待宵草の仲間だが日中でも咲き続ける。白またはピンクの4弁花で5cmもあり見栄えがする。仲間のアカバナユウゲショウは形が似ていても、花径が三分の一程小さく午後から咲き始める。公園の入口で昨年アヤメが咲いていた近くなので見落としたのか、今年になって…

続きを読む

大葉子

『親水公園の野草 102 オオバコ 』 大葉子 オオバコ科オオバコ属 多年草 日本全土 道端・空地・荒地等 小さな花が密集した穂状花序をつける 花期は4~9月 地味で踏まれてもめげない丈夫な雑草中の雑草。日本在来種は4種ほかに多くの外来種が帰化している。仲間は約200種で南極以外のどこにもいるらしいです。子供の頃は丈夫な茎を絡ませて引っ張りっこして遊んだ記憶があります。別名スモウトリバナ 猿江…

続きを読む

犬辛子

★☆★土曜日の早朝に左足の土踏まずがつったので、ずっと親指の付根が痛いのはそのせいだろうと思いながら、今日はビッコを曳きつつ給付金申請書を投函して来ました。食欲は無い、喉が痛くて声がかすれる、そして強烈な腹痛と下痢でダウン。昨年5月の前半は「肺炎」で臥せっていたので、それよりはましかと唯一の常備薬「BUFFERIN」を2錠飲みました。体温は36.2度なのでコロナではありません。初めてこのPCのパ…

続きを読む

桜と揚羽

☆★☆昨日午後に「公園のコンデジ散歩」行ってきました。家を出る時に小さなメモを持っていてそこには「イヌガラシは4弁花か、カントウタンポポは咲いたか、ヒルザキツキミソウは、チチコグサの全体写真、姫小判草の全体写真」と書かれていました。せっかく出掛けたのに帰ってから後悔しないように朝から思いつく度にメモした訳で、そこまでやってメモを忘れる事もあります。(-_-;) 写真は5月4日に今年最後の桜の花を…

続きを読む

米粒詰草

☆★☆『親水公園の野草#100 コメツブツメクサ 』 米粒詰草 マメ科シャジクソウ属 道端・河原・荒地 ヨーロッパ~西アジア原産 帰化植物 花は黄色で球状の花序は径7ミリ程 花弁が5~15個つく 一年草 花期;5~7月 草丈;10~50cm 葉は3小葉 シロツメクサとは同じマメ科シャジクソウ属なので別名はキバナツメクサです ★☆★猿江公園では寒いうちから咲いていた花でした。親水公園には無いのか…

続きを読む

松葉海蘭

☆★☆『親水公園の野草#99 マツバウンラン 』 松葉海蘭 ゴマノハグサ科(オオバコ科)マツバウンラン属 北アメリカ原産 越年草 本州~九州 1941年京都市で採取され帰化が確認された新参者 花は1cm程で青紫色の仮面状花を穂状につけ、下唇の基部は白色で膨らみ後部に距を持つ、要するにスミレのような花 茎は細く丈は50~60cmになり、基部で分岐して分株をつくり群生する 葉も細く線形で互生、若葉は…

続きを読む

虫取撫子

☆★☆『親水公園の野草#96 ムシトリナデシコ 』 虫取り撫子 ナデシコ科マンテマ属 花期:5~6月 草丈:30~60cm 環境:荒地・河川敷の草地 一年草または越年草 原産地:ヨーロッパ 江戸時代に観賞用に輸入され帰化 群生する 花の下の茎に粘液を分泌、アリなどを捕獲するのでこの名前が付いた。ナデシコ科でナデシコの名前が付く花ははじめてです。 ★☆★PCの「親水公園の野草」ホルダーに名前が分…

続きを読む

白金葭

☆★☆『親水公園の野草#95 シロガネヨシ 』白金葭 イネ科シロガネヨシ属 多年草 原産:南米、ニュージーランド アルゼンチンの大平原パンパス地方で群生している事から英名は「パンパス・グラス」 草丈:1~3mと数字上は公園内で最大の草本でしょう。明治中期に金持ち庭園の観賞用に輸入された。花穂が50~70cmで羽毛のようにヴォリュームがあり、乾燥させて装飾用にも利用されている。前回のチガヤをネット…

続きを読む

☆★☆『親水公園の野草#94 チガヤ 』 茅 イネ科 チガヤ属 多年草 北海道~沖縄 花期:5~6月 草丈:30~80cm 環境:河原、草地など日当たりのよい場所 花穂は円柱形で白い毛で覆われ良く目立つが、花の時期には全体が紫色を帯びる 世界の熱帯・温帯に約10種が繁殖 世界最強の雑草と呼ばれ侵略的外来種ワースト100の1種 群生し地下茎で増殖するので完全駆除は難しい ★☆★古事記や万葉集にも…

続きを読む

蕗の薹

☆★☆『親水公園の野草#91 フキ 』 蕗 キク科 フキ属 多年草 花期;3~4月 分布;本州(岩手県以南)~沖縄 環境;山野の林縁や土手 雌雄異株 日本原産 蕾はフキノトウと呼ばれ春一番の山菜 葉身も花柄も食べられる たしか季節になるとフキの煮物が付き出しに出てオカカがたっぷりかかっていた。もう何年食べていないだろうか、実家の裏に自生していた記憶があります。親水公園には一か所だけひっそりと咲い…

続きを読む

蚤の綴り

☆★☆『親水公園の野草#90 ノミノツヅリ』蚤の綴り ナデシコ科 ノミノツヅリ属 北海道~沖縄 草丈;5~25cm 環境;道端・荒地・畑地 花期;3~5月 花径;5ミリ 白い5弁花 花は多数咲くけれど小さくて地味なので見過ごしてしまう、萼片より花弁が短い、葉は柄が無く先のとがった楕円形で茎にも短毛がある、越年草、小さい葉を蚤が着る粗末な衣服(綴り)に見立てて名前が付いた。原産地はユーラシアと考え…

続きを読む

種漬花

☆★☆公園の野草はギシギシで暗礁に乗り上げて頓挫しました。前回の写真で先のがナガバギシギシで後の方がマダイオウではないかと思うのですが、私の図鑑には載っていないので同定まで暫くかかりそうです。その途中で#89~#92までを失念してカウントして無い事に気付きました。自分でも嫌になるほどの『ボケ』連発で呆れてしまいます。 ★★★『親水公園の野草#89 タネツケバナ』種漬花 アブラナ科 タネツケバナ…

続きを読む

真大黄、野大黄

☆★☆『親水公園の野草 ギシギシ』で「日本固有種」と書きましたが、 ちょっと引っかかっています。ウイッキーでは確証が得られず他をあたったところ近縁種がぞろぞろ状態です。(-_-;) 中脈に赤味のある「エゾギシギシ」、ユーラシア大陸から帰化した「ナガバギシギシ」、明治にヨーロッパから帰化した「アレチギシギシ」、よく分らない「コギシギシ」もう頭の中がギシギシいっています。 ★★★名前の羊蹄は中国名…

続きを読む

羊蹄と鈴蘭水仙

☆★☆『親水公園の野草 』は約2年目になって93種、親水公園で遭遇する野草はだいたい見た事があるようになって、半分くらいは名前を思い出せるようになりました。今後は名前を確実に憶えて、漢字表記とそのいわれとか、目・科・属で似た植物のつながりなどを老後の楽しみにしたいと思います。ただ、カメラを持って公園を徘徊するのは不要不急で、お犬様のお散歩と違いわたしは辛いところです。知事によると「中高年の方々は…

続きを読む

羊蹄

☆★☆『親水公園の野草(93)ギシギシ 』 羊蹄 タデ科 ギシギシ属 日本原産種(日本書紀に出てくるとも) 北海道~沖縄 40~100cmH 花期は5~8月 草地・畑地・土手などやや湿った場所 多年草 スイバに似るが葉の基部の形と縁が波打つので見分けられ 茎の上部に多数の花が穂状につく ★★★北海道の山(羊蹄山)はようていさんだったような、ひつじのひづめと書いてぎしぎしと読ませるのは無理筋…

続きを読む

洋種山牛蒡

☆★☆『親水公園の野草#84 ヨウシュヤマゴボウ 』洋種山牛蒡 ヤマゴボウ科ヤマゴボウ属 明治初期に日本に入り荒地などに雑草化している多年草。 北アメリカ原産 大きさは1・5mと四方に広がるように枝分かれする。茎は太く赤味がある。花期は6~9月で花弁に見えるのは萼片、長い穂になってつき横向きや下向きになる。果実は黒紫色に熟し有毒。 ★☆★これも昨年初夏に撮影して同定済みで塩漬けになったものです…

続きを読む

阿蘭陀耳菜草

☆★☆『親水公園の野草#87 オランダミミナグサ 』阿蘭陀耳菜草 ナデシコ科ミミナグサ属 秋に発生する越年草 一年草 ヨーロッパ原産の帰化植物 日本全国至る所で見られる 花期は3~5月 大きさは10~50cm 花は白い5弁花で集散花序、花弁の先が浅く2裂 茎は直立 葉は対生し楕円形で先がやや尖る 茎・葉ともに毛が多い ★☆★昨年4月に撮影して名前も同定済だったのに、プリントもリストに書き加える…

続きを読む

寒白菊

☆★☆『親水公園の野草#80 寒白菊』別名ノースポールは「北極点」の意味で、サカタの商品名です。如何にもキク科らしい花で、南欧・北アフリカ原産クリサンセマムの園芸種、と言うことは野草としては疑問のあるところ、このコは親水公園北端の壁際地面に咲いていたので一応セーフにしました。南の長崎橋跡近くにある大型フラワーポットのノースポールは、明らかに人の手で植えられているので「園芸種で除外」と言う判断で良…

続きを読む

水向日葵

☆★☆『親水公園の野草(83)ミズヒマワリ 』 水向日葵 キク科ミズヒマワリ属 中央・南アメリカ原産 大きさ;1~1,5m 多年草 第二次大戦後熱帯魚の輸入に伴い移入されたと言われる帰化植物 花期;8~10月 環境;市街地の池や河川 花径;1~1,5cmの球形 関東・東海・近畿地方の都市部周辺の池や浅い川で増加している。成長が早く在来種を押しやっている。万崋池でも南西部から北西部にもジャンプして…

続きを読む

繁縷

★☆★昨晩からこの冬一番の寒さです。わたしは外で飲んでいて、帰りの北風に震えました。あと1ケ月は出来るだけ厚着をして何とか耐えなければなりません。冬は嫌いです。わたしは暖冬も温暖化も歓迎です。m(_ _)m スーパーには先月中に「菜の花」が並び一束298円なので迷わず購入しました。毎年菜の花パスタを作っていたのですけれど、今年はパスタの日ではなかったのでマヨあえにして美味しく食しました。 ☆…

続きを読む

日本水仙

★☆★『親水公園の野草(79)ニホンズイセン』日本水仙 ヒガンバナ科スイセン属 原産地は地中海沿岸 花期:12月~4月 海岸・人家周辺など 大きさ:20~40cm 古い時代に中国を経て渡来した多年草 葉は線形で花茎の先に花を数個付ける 花の中央の黄色い杯状のものは副花冠 花びらは内側の3枚で外側は萼片 雄蕊は6本だが3本しか見えない ☆☆☆歴史があるだけに様々な品種があるようで、この花の近くに…

続きを読む