五位鷺幼鳥

『親水公園の野鳥 ゴイサギ 』 五位鷺 ペリカン目サギ科 58cm(カラス位)この公園には確か1月、7月にも数日顔を出していて割とお馴染みさんですが、子供ばかりで親のまともな写真はありません。昼間は寝ていて夕方から魚を捕りに水辺に来る夜行性だから擦れ違いかも。 ☆☆☆先週は万崋池にカワセミの幼鳥が来ていて、このままここに居ついてくれればと期待していました。30度超の季節にカワセミがいるなんて初…

続きを読む

翡翠

『親水公園の野鳥 カワセミ 』 2日続けて遭遇しました。まだまだ餌取りは初心者のようです。餌場のひとつとしてローテーションに入れてくれると、老後の楽しみが出来るのですけれど・・・・・ ジイサンの思いどおりには中々ならないのが世の中です。 ★☆★『ヴェンチャーズのクリスマス・アルバム全曲コピー』 10曲目のブルークリスマスはリズムギター用のコード譜が出来ました。ギターデュオ用です。イントロはウォ…

続きを読む

川蝉

『親水公園の野鳥 カワセミ 』 カワセミ科 胸に黒っぽい部分があるので今年生れのオスです。随分と久し振りにカワセミの写真を撮った気がします。用事があって急いでいる時に限って、重要な被写体と出会ってしまうもののようです。うまくいきません。 ☆☆☆『100インチシネマ』 原作:スティーブン・キング、監督 脚本:フランク・ダラボン「ショーシャンクの空に」1994年 142分 主演はモーガン・フリーマ…

続きを読む

星羽白

★☆★『今年の冬鳥⑥ ホシハジロ 』 星羽白 カモ科ハジロ属 L45cm 欧州からシベリアなどで繁殖、渡り鳥として冬に飛来する。湖沼・川・池などで潜って餌の水草を食べる。オスの光彩は赤い。親水公園に飛来したのはメスのみで、この写真は猿江公園のミニ木蔵で撮影、いつも寝ていて愛想のない連中でした。 ☆★☆今日の夕刊は1面に大きく「コロナショックやまず、東証30年ぶり下げ幅、一時1万7千円割れ」「N…

続きを読む

無法柵超え

★☆★『親水公園の野鳥(38)シロハラ 』 その後、シロハラは公園に行くと同じ場所で待っていてくれます???今日行ってシロハラが4日間も居座っている理由が分かった気がします。午後早い時間に犬2~3匹と散歩している老人がいて、レジ袋に一杯のハトの餌を撒いています。それも目立たないように公園の柵を越えて奥の方や、帰りの出口付近で派手にやっていました。シロハラはハトとムクドリのおこぼれを食べているので…

続きを読む

交雑種

★☆★今年は『親水公園の野鳥(36)マガモ 』が続いています。マガモが来た、だけなら問題はなかったのに、この公園には交雑種と思われるマルガモがいたのでややこしいです。嘴の比較で、まずはマルガモ♂と一緒にいる♀です。これだけを見ればマガモのメスと言って差し支えなさそうです。次はマガモと一緒に来たメスです。 ★☆★2羽が並んではくれないので写真で嘴の比較では、両方ともに黒い部分がカルガモっぽいのと…

続きを読む

真鴨、軽鴨

★☆★『親水公園の野鳥(36)マガモ 』の続きです。写真はマルガモの♀で次列風切の翼鏡が見えています。見たところ前回の写真と同じ配色のようです。ちなみにカルガモの翼鏡の色は基本的に光沢緑系で両端が黒です。これだけだとマルガモ♂の嫁さんは純粋マガモ♀になります。しかし尾羽がもっと白かった気がするので、こんどはそこと嘴を確認してみます。 ★☆★親水公園のマガモは、昨日は雌雄ともに姿を見せませんでし…

続きを読む

次列風切羽

★☆★『親水公園の野鳥(36)マガモ 』の続きです。月曜日夜に新年会があったので、2次会後の22時過ぎに親水公園の様子を見に行きました。予想通りマガモ・カルガモ・マルガモ・アオサギの誰もいません。やはり塒は安全な所にあるようです。いずれ親水公園から一斉に飛び立っていく様子を写真に撮りたいものです。 ★☆★今日の公園は珍しく、カルガモ夫婦とマルガモ夫婦の4羽だけでした。今回の写真は昨年12月2…

続きを読む

婦唱夫随

★☆★『親水公園の野鳥(36)マガモ 』の続きです。昨日今日と親水公園にマガモのメスが戻ってきました。荒川あたりがねぐらで、そこにいたメスを連れて来たのかも知れませんね。今回はカルガモのメスを追い掛けることはしていません。めでたし!めでたし!です。  \(^o^)/ ☆★☆親水公園に2週間近く滞在している理由が分かった気がします。区公園課は『ハトやカモに餌をやらないで』と看板を設置しています…

続きを読む

謹賀新年

★☆★『親水公園の野鳥(36)マガモ 』の続きで、目出度く年を越してもマガモ♂が滞在中です。昨年の今頃はホシハジロの♀が来訪しましたが、翌日にはどこかに飛び去って居なくなりました。移動途中で仲間とはぐれたので親水公園の池で一休みだったのでしょう。仲間がいそうなのは淡水ガモですから、この近くでは荒川、旧中川、不忍池辺りか?。今年は公園に行けばいつでもマガモの写真が撮れるのは嬉しいのですが、彼が一週…

続きを読む

頭高 初見

★☆★『親水公園の野鳥(35)カシラダカ 』 頭高 スズメ目ホオジロ科 体長15cm ユーラシア大陸北部・アリューシャン列島で繁殖 冬鳥として中国東部などで越冬する 北海道は通過し東北から九州以北にも渡来 繁殖期以外は数羽から数10羽の群をつくる 農耕地・低木林・林縁・河原などで草の種子などを食べる オスの頭は夏黒く冬は茶褐色で、白い側頭線が目立つ  警戒すると頭部の羽を立てることからこの名…

続きを読む

常鶲の雌

★☆★『親水公園の野鳥 ジョウビタキ 』常鶲(尉鶲)お馴染みの冬鳥で今期初めてです。ツグミがそろそろ来るだろうと思いながら歩いていたら、ジョウビタキのメスが先にご到着です。最近の冬の親水公園では定番鳥ですから安心しました。オスの姿を早く見てみたいものです。 ★★★ちょっと小耳に挟んだのだけれど、先進国の災害時避難所には、真っ先にキッチンカーがやって来て暖かい食事が配られるとか。今日の東新「…

続きを読む

雇用

★旧聞ですが、3月29日の「F1」第2戦マレーシアでアロンソとバトンが17周目に9、10位で並んだところです 残念ながら2台ともリタイアでしたが、次に期待させてくれる光景でした ★ガラッと変わって夜中の2時頃の話しで、三晩続けてわたしの寝入り端に鴨らしい声が親水公園でしました 北から南へ鳴きながら移動して行きます 宵っ張りの鴨がいるのはかまいませんが、鳴き方が少々切羽詰まった感じでベラン…

続きを読む

世界

★まるで春のような、って世間的にはもう春ですね 東京でも桜開花のニュースが流れているくらいですし、マンション植栽の山桜は、もう白い花が三分咲きだったので期待して、ベランダから親水公園のピンクの蕾を確認してみました 残念ながら親水公園の桜は「あしたまで待ってね」って感じでした 勿論、わたしはマグカップで泡酒を飲みながらで、下を歩いている人に見覚えがありました 買物から帰ってきてほんの五分ほ…

続きを読む

良い知らせ

★今日ネットで「戦艦武蔵」の映像を中継したそうですね 初めの写真に横書きで左から右に漢字が並んでいたので、少々疑っていました それに中心人物の職業が「資産家」ですから、わたしの嫌いなタイプのジイサンですが、今は見つけてくれて有難うと言わせてもらいます ★日本海軍は消滅し70年と海中で所有権がどうなるのか分かりません しかし、この国が日本と名乗っている以上、技術的に可能なら遺骨収集をすべき…

続きを読む

僕は

★もう4年もたってしまったのですね 煌々と照らされる東京の夜を見ると、人はこれ程忘れることが得意なのかと驚きます この日本列島に住む以上天災から逃れられないので、常に過去にこだわらずに前を向いて生きるのが日本人とも言えます しかし、です。 同時刻にわたしも黙祷・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ★★親水公園の野鳥★★ …

続きを読む

天体

★3月になったからってそう簡単に春は来ないよ、と言われているような昨日今日で真冬の気温に氷雨です これでは買物にも出られなくて食べ物が無くなりそう・・・・・どこの国の話かいな!軟弱なジイサンです ★★独逸から首相が来日したそうで、「戦後の歴史認識」と「エネルギー政策」での日本との違いは、重要だけれど大手メディアは放送したり書いたりしないのでしょうね 「知らなければ、無かった事と同じ」 だか…

続きを読む

たとえ

★★大横川親水公園の野鳥★★ このテーマで書いてきたブログもそろそろ大詰です 写真の出し物もあと一枚を残すだけで、今日の野鳥は親水公園の上空を飛んでいるのを見ただけです 万に一つカメラの電源を入れていて望遠側に焦点も合わせていたとしても、ツバメと同じく飛行中を写真に収めるのはわたしの技術では不可能なので、今回はフリー画像を借用しました ★「カワラヒワ」(スズメ目 アトリ科 カワラヒワ属 …

続きを読む

天使

★本日は良いお日和で、4月中旬の気温だったとか わたしのような冷え性の人間にとっては動かなければ、20度近い気温だったとは分かりません 亀天と文花二丁目の香取神社の梅を見に行ってきました 前者はもう数日後が、後者はちょうど見頃でしたね ご高齢のご婦人方は皆さんお元気で、お喋りと記念写真に余念がありません ★屋台は出ていても高級麦酒の販売は無くて残念賞 その上野鳥の姿は全くないのは、オ…

続きを読む

人は

★やっとのことで3月まで生きて来ましたって気分です 「猛暑の翌冬は寒さが厳しい」の通りなのか、ただジイサンになって抵抗力が無くなったのか、どちらでしょう 答は「3・11」以来 檀玲某?いやいや暖冷房を控えているせいで骨身にしみているだけです 桜の便りが聞かれる頃になれば、家の中でダウンジャケットは不要になるのでもう少しの辛抱 ★★親水公園の野鳥★★ 2月は「梅の季節」で、梅と言えば鶯で…

続きを読む

リーダー

★川崎の事件は容疑者が逮捕されたようです 未成年なので発表情報は少なく慎重な捜査を進めているのが分かります 成人年齢や選挙権などが18歳に引下げられると、このような場合も大人として扱われるのでしょうか ★★親水公園の野鳥★★ 「ゴイサギ」 57・5cm(サギ科ゴイサギ属) 留鳥で夜行性 この写真は改修前の2006年7月に撮影 夜だったのでストロボを発光して目が光っています 万華池では…

続きを読む

自己

★散歩がてら亀戸天神の梅を見に、まだまだこれからですが膨らんだ蕾もよいものです 冬至梅だけがほとんど散っていて地表を淡いピンクに染めていました 陽がささなかったので両手がピリピリして蕁麻疹のお知らせ、手袋を忘れたのは失敗でした ★★親水公園の野鳥★★ もっとちゃんとした写真が何枚もあったはずの「オナガ」です カラス科オナガ属 全長37cm 頭に黒い帽子 翼と尾が青く目立つ 尾の先は白い…

続きを読む

選択肢

★今日は春の空気の匂いがして、「SHADOWS」のあの曲が頭の中に流れましたね~名曲です http://youtu.be/Dri3x8PfcbE どうやら大横川親水公園のポンプ修理が済んだようで先週末から流れが復活しました ★★親水公園の野鳥★★ カラスが黒くつぶれていて鳥類写真的には駄作、ただ言い訳をすると前回のハシボソに対して違いが分かりやすいので選んでみました 「ハシブトガラス」…

続きを読む

腰は

★左手の人差指は昨日も腫れと変色が続き、夕方には中指まで痺れだして少々焦り これではC・クリスチャンになってしまうのか、と心配になり形だけ天才と同じは勘弁してほしいと愚痴りました 今日になって腫れは引いたようなので、4,5日すれば元通りかと楽観的になっています それでなくても右腕は60肩で思うように動かせずに7年ですから・・・・・ ★★親水公園の野鳥★★ 「ハシボソガラス」(スズメ目カ…

続きを読む

自由

★氷雨がぴったりの一日でこれから明朝にかけて雪になるとか 取敢えず二月も半分過ぎて亀天の「梅まつり」も始まったようです ★★親水公園の野鳥★★ 冬鳥が出尽くしてしまったようなので、残りは留鳥と言われるいつでも見られる鳥ばかりになってしまいました 「ヒヨドリ」(ヒヨドリ科)27・5cmと大きくムクドリより尾が長い、主にピーヨピーヨと鳴くが多彩な鳴き声を持つ 全体的に灰色の濃淡で頬と脇腹に…

続きを読む

音楽

★前回の「ハクセキレイ」は雌雄、夏冬でそれぞれ様子が違うし、若鳥は柔らかくて美味しい、おっとまちがいた 若鳥も成長するにつれ変わるのでわたしには見分けるのが難しい鳥です 今年一月に法恩寺橋西脇で撮ったこの個体はおそらく「雌の冬羽」、胸の黒帯が見えれば断定できるのに残念ながら「頭も灰色」という事でこれを結論とします いくら見慣れた鳥でも正確をきするとなるともっと注意深い観察が必要です 大横…

続きを読む

研究

★昨日とは随分と気候が違って、春からまた冬に戻ってしまった もっとも2月半ばに春の陽気の方がふさわしくなかっただけでしょう わたしのような年寄りがエコ生活していると、この季節の行ったり来たりは薄い皮から骨身に沁みます ただどこぞの市長が自分がエアコンを使わないから、生徒たちにも必要ないとはそうとうピントがずれているような・・・・・ ★★親水公園の野鳥★★ この写真は今年の1月24日に撮…

続きを読む

台詞

★おそらく今年で一番忙しい一週間なので、バタバタと商品のチェックと仕上をしています プリンターのインクが切れそうになり途中で駅ビルまで買いに行きました 祭日のせいもあって、すごい人通りで世の中景気が良いのかと・・・・・ 目的の場所にぶつからずに移動するのは大変、やはり人ごみは苦手です ★★親水公園の野鳥★★ 全国に留鳥としてよく見かける「シジュウカラ」(スズメ目シジュウカラ科)四十雀 …

続きを読む

過去

★半端じゃない寒さが日本列島を襲っています 雪が降らないだけましなのかも知れません BBCのワールドウエザーを見てると、昨夜も東南アジア某国では最高気温が28度、許せない暖かさ、と言うか 二度と「雪景色」が見られなくとも良いので、常夏の国へワープしたいです ★★親水公園の野鳥★★ 梅の便りがあちこちから聞かれるようになりました さすれば当然この鳥「メジロ」の登場です 全長11・5c…

続きを読む

気を

★今日浅草橋に出掛けた時に「蔵前橋」を、渡りながら見た隅田川には「セグロカモメ」が5羽ほど浮いていました 遠いのと比較出来なかったので「大盛りか並みか」は判断出来ませんでした ★★親水公園の野鳥★★ いやはや何とも、30年前には普通より少しだけ野鳥に詳しいはずでした 日本人のルーツを「DNA」で追いかけたりしていたのに、まったくお恥ずかしい限りです 骨格など外見上の特徴から分類されてい…

続きを読む