瑠璃鑄花娘子

『親水公園の昆虫 ルリチュウレンジ 』 瑠璃鑄花娘子 チュウの字は出てこない、どうしたら花娘子でレンジと読むのか、今のところ不明です。ハチ目ミフシハバチ科で全国に分布、4~10月に平地~山で活動、体長は8~10ミリと小さい。よく見ると体は藍青色の金属光沢をもち美しい。幼虫はツツジ科の植物の葉を食べて育ち、本州では年3回は発生する。昨年ベニシジミを撮っていた時に、視界にある葉に飛んで来て知ったハチ…

続きを読む

半夏生

☆★☆13日土曜の「雨のマンション理事会」に参加した帰り親水公園に寄ったら、見たことのない大きめの緑の葉とヨウシュヤマゴボウのような穂状花序が目につきました。カメラを持っていなかったので、翌日に撮影しに行って来ました。何枚かの葉が白くなっていて、何だろう? ペンキでも付いたのか、病虫害で変色したのか、と考えながら帰宅後図鑑で名前を調べました。 『親水公園の野草 #112 ハンゲショウ 』 半夏…

続きを読む

犬辛子

★☆★土曜日の早朝に左足の土踏まずがつったので、ずっと親指の付根が痛いのはそのせいだろうと思いながら、今日はビッコを曳きつつ給付金申請書を投函して来ました。食欲は無い、喉が痛くて声がかすれる、そして強烈な腹痛と下痢でダウン。昨年5月の前半は「肺炎」で臥せっていたので、それよりはましかと唯一の常備薬「BUFFERIN」を2錠飲みました。体温は36.2度なのでコロナではありません。初めてこのPCのパ…

続きを読む

羊蹄

☆★☆『親水公園の野草(93)ギシギシ 』 羊蹄 タデ科 ギシギシ属 日本原産種(日本書紀に出てくるとも) 北海道~沖縄 40~100cmH 花期は5~8月 草地・畑地・土手などやや湿った場所 多年草 スイバに似るが葉の基部の形と縁が波打つので見分けられ 茎の上部に多数の花が穂状につく ★★★北海道の山(羊蹄山)はようていさんだったような、ひつじのひづめと書いてぎしぎしと読ませるのは無理筋…

続きを読む

紫華麗

☆★☆『公園の野草 番外編 ムラサキケマン 』 紫華鬘 ケシ科 キケマン属 これもクサノオウと同じく猿江公園へ同行した友人が見つけた花です。こちらは単独ではなく周りに小さな株が2~3ありました。この時は咲始めで花が密集していますが、よくある写真のようにしだいに上下に離れていきます。ネットを見ると世間的にはよくある種らしいけれど、この時は2人とも初見でニンジンに似た葉だけど何ていう花だろう? でし…

続きを読む

草乃王

☆★☆『公園の野草 番外編 クサノオウ 』 草の王(瘡の王)ケシ科クサノオウ属 生薬としての名は「白屈菜」 古くから薬草として用いられてきましたが、素人には危険な毒草のようです。今迄も公園でヨウシュヤマゴボウやオオアマナ、スイセン、スズランなど身近にある毒を持つ野草の写真を撮りました。『王』と呼ぶほどのこの野草は、4弁花で直径は2cm程、高さは40~80cmと特に目立つ訳でもなく、猿江公園の隅で…

続きを読む

★☆★『今年の冬鳥⑨ ツグミ 』 鶫 スズメ目ヒタキ科ツグミ属 シベリアで繁殖して寒くなると南下して越冬する。おそらく日本中の公園で一番よく見られる冬鳥、ですけれど、地味な配色だし地上で採餌するため気付かれていないかも知れません。私的には10月頃から公園の枯草地や苔地で『冬鳥一番』としてのツグミを待っています。せっかくなので両翼を下げ気味にしながら、背筋をピ~ンと伸ばした得意ポーズピッタリの写真…

続きを読む

白腹

★☆★『今年の冬鳥⑧ シロハラ 』 白腹 ヒタキ科ツグミ属 L24cm 本州から九州に冬鳥として渡来、開けた森林などの地上で餌を探す、雑食性、単独で行動する。地味な茶灰色で親水公園に来た個体は、眉と顎に白線がある事からメスだと思います。 ☆★☆ツグミと同じように両翼を下げ気味にたたずむ姿勢が印象的です。シロハラの名前は背中・翼の色に比較して腹部が白いので当然だし、ほとんど同じ条件で渡来する派手…

続きを読む

星羽白

★☆★『今年の冬鳥⑥ ホシハジロ 』 星羽白 カモ科ハジロ属 L45cm 欧州からシベリアなどで繁殖、渡り鳥として冬に飛来する。湖沼・川・池などで潜って餌の水草を食べる。オスの光彩は赤い。親水公園に飛来したのはメスのみで、この写真は猿江公園のミニ木蔵で撮影、いつも寝ていて愛想のない連中でした。 ☆★☆今日の夕刊は1面に大きく「コロナショックやまず、東証30年ぶり下げ幅、一時1万7千円割れ」「N…

続きを読む

金黒羽白

★☆★『今年の冬鳥 キンクロハジロ 』 金黒羽白 ♂ カモ科ハジロ属 つい、属が族になってしまいそうになりますが、特に拘りはありません。この写真は翼にも焦点が合っていれば飾りたい一枚になったはずです。残念! 飛んでいる時は上から見ても下から見ても翼は白く見えるハジロ属、金色の瞳プラス♂には目立つチョンマゲ(冠羽)があります。体長はカルガモ約60cmで、キンクロは約40cmと小柄の淡水ガモ(潜水し…

続きを読む

尉鶲

★☆★『今年の冬鳥 ジョウビタキ 』尉鶲 ♂ スズメ目ツグミ科ジョウビタキ属 冬鳥としてお馴染みでスズメより少し小さい チベットから中国東北部やシベリアで繁殖、冬は暖かい地方へ移動する。東京の公園でも良く見られとても人気が高い鳥です。メスは地味な色味ですけれど、つぶらな瞳がなかなかキュートです。日本でも少数の繁殖例が報告されているようですが、温暖化なら日本に渡って来なくなるはずですねぇ~。 ☆…

続きを読む

尾長鴨

★☆★『今年の冬鳥 オナガガモ 』 尾長鴨 ♂ カモ科マガモ属 大横川親水公園では2015年以来見ていないので、この写真は都立猿江恩賜公園のミニ木蔵で昨日撮影したものです。特徴は細長く黒い尾です。頭部は焦げ茶色で胸から後頭部にかけて白く、これも他と区別しやすい特徴です。ただ、名前の『オナガ』はややこしく、天然記念物のニワトリがオナガドリで、カラス科のはオナガ、本種はオナガガモです。そして、わたし…

続きを読む

梅と翡翠

★☆★冬の寒さが苦手わたしにとって数少ない冬の楽しみと言えばのその2は『翡翠』の撮影です。昨年の初夏に生まれた子カワセミが冬の間は、餌の魚を目当てに公園の池に来ます。それを我々は写真に撮る訳です。一昨年は毎日のようにいてお気に入りの枝もあり、決定的瞬間を撮るために三脚をセットする人もいました。昨年と今年は何か気に入らないようで滅多に万崋池には来ません。 ★☆★待っていても駄目なので隅田公園や猿…

続きを読む

生牡蛎

★☆★寒さ嫌いのわたしにとって数少ない冬の楽しみと言えば『生牡蛎』です。近所の○エツでは100グラムパックの生牡蛎は普段税別398円で売られています。時々298円になる事があって、その時は必ず購入します。今冬はその特売日にあたらず今月まで一度も食べられませんでした。シーズンも後半ですからたまらず20%引きで手を打ちました。シンプルに醤油をたらし、たしか5個入りだったのであっと言う間に胃袋に収まり…

続きを読む

洋種山牛蒡

☆★☆『親水公園の野草#84 ヨウシュヤマゴボウ 』洋種山牛蒡 ヤマゴボウ科ヤマゴボウ属 明治初期に日本に入り荒地などに雑草化している多年草。 北アメリカ原産 大きさは1・5mと四方に広がるように枝分かれする。茎は太く赤味がある。花期は6~9月で花弁に見えるのは萼片、長い穂になってつき横向きや下向きになる。果実は黒紫色に熟し有毒。 ★☆★これも昨年初夏に撮影して同定済みで塩漬けになったものです…

続きを読む

寒白菊

☆★☆『親水公園の野草#80 寒白菊』別名ノースポールは「北極点」の意味で、サカタの商品名です。如何にもキク科らしい花で、南欧・北アフリカ原産クリサンセマムの園芸種、と言うことは野草としては疑問のあるところ、このコは親水公園北端の壁際地面に咲いていたので一応セーフにしました。南の長崎橋跡近くにある大型フラワーポットのノースポールは、明らかに人の手で植えられているので「園芸種で除外」と言う判断で良…

続きを読む

越年昆虫?

☆★☆『親水公園の昆虫』今年になって早くも約1ヶ月半が経ちました。先日の寒波以外は真冬らしくない有難い天候でした。たまたまか、温暖化のせいかは分りません。ただ、昆虫は敏感に感じ取っているようです。1月19日にはアガパンサスの葉にコバネイナゴが日向ぼっこをしていました。この日の最高気温は10度で最低気温は2度だったので、いくら日差しがあっても相当違和感のある『絵』だと感じましたね。それにしても、イ…

続きを読む

繁縷

★☆★昨晩からこの冬一番の寒さです。わたしは外で飲んでいて、帰りの北風に震えました。あと1ケ月は出来るだけ厚着をして何とか耐えなければなりません。冬は嫌いです。わたしは暖冬も温暖化も歓迎です。m(_ _)m スーパーには先月中に「菜の花」が並び一束298円なので迷わず購入しました。毎年菜の花パスタを作っていたのですけれど、今年はパスタの日ではなかったのでマヨあえにして美味しく食しました。 ☆…

続きを読む

龍 眼 寺

★☆★明暦の大火のせいでしょうか? ここの近隣には歴史のある寺が多いです。今晩も豆撒きをやっているはずの『法恩寺』は開山1458年本所移転が1695年、清澄の『霊厳寺』1624年など。亀戸天神社近くの『龍眼寺』は1395年創建で、北十間川の向い側にあります。決して広くはありませんが、多種多様な花が楽しめる上に『緋鯉』が見事です。池の中で繁殖しているとはすごい事で、実家にあった親父の瓢箪池を思い出…

続きを読む

未来世紀伯剌西爾

★☆★自宅の近所で2棟のマンション建設工事が進行中、賃貸ワンルーム中心とファミリータイプ分譲です。クレーン操縦はいつから無人のリモコンになったのでしょうか? ほぼ同時に2階の生コン流し込みで、分譲は昨日の雨の中も作業をしていました。照明を点けて残業をしているし10階建て分譲の方は、7階建て賃貸より先に完成させる勢いに見えます。どちらにしろ、五輪後の完成ですからどんな経済状況になっているのか他人事…

続きを読む

無法柵超え

★☆★『親水公園の野鳥(38)シロハラ 』 その後、シロハラは公園に行くと同じ場所で待っていてくれます???今日行ってシロハラが4日間も居座っている理由が分かった気がします。午後早い時間に犬2~3匹と散歩している老人がいて、レジ袋に一杯のハトの餌を撒いています。それも目立たないように公園の柵を越えて奥の方や、帰りの出口付近で派手にやっていました。シロハラはハトとムクドリのおこぼれを食べているので…

続きを読む

日本水仙

★☆★『親水公園の野草(79)ニホンズイセン』日本水仙 ヒガンバナ科スイセン属 原産地は地中海沿岸 花期:12月~4月 海岸・人家周辺など 大きさ:20~40cm 古い時代に中国を経て渡来した多年草 葉は線形で花茎の先に花を数個付ける 花の中央の黄色い杯状のものは副花冠 花びらは内側の3枚で外側は萼片 雄蕊は6本だが3本しか見えない ☆☆☆歴史があるだけに様々な品種があるようで、この花の近くに…

続きを読む

2019年12月震央分布図

★☆★これが気象庁の発表している昨年12月の震央分布図です。大地震のあった所では5年や10年は余震が続くのと、関東では茨城とその沖合で多発しており、駿河湾から伊豆・小笠原諸島も気になります。そして以前に触れた、日向灘から沖縄近海にかけての琉球海溝は11月分を見ても活発化しているようです。縄文人なら、辺野古の埋立てに美ら海が怒っていると考える状況です。 ☆☆☆今日は阪神淡路大震災から25年目でし…

続きを読む

交雑種

★☆★今年は『親水公園の野鳥(36)マガモ 』が続いています。マガモが来た、だけなら問題はなかったのに、この公園には交雑種と思われるマルガモがいたのでややこしいです。嘴の比較で、まずはマルガモ♂と一緒にいる♀です。これだけを見ればマガモのメスと言って差し支えなさそうです。次はマガモと一緒に来たメスです。 ★☆★2羽が並んではくれないので写真で嘴の比較では、両方ともに黒い部分がカルガモっぽいのと…

続きを読む

真鴨、軽鴨

★☆★『親水公園の野鳥(36)マガモ 』の続きです。写真はマルガモの♀で次列風切の翼鏡が見えています。見たところ前回の写真と同じ配色のようです。ちなみにカルガモの翼鏡の色は基本的に光沢緑系で両端が黒です。これだけだとマルガモ♂の嫁さんは純粋マガモ♀になります。しかし尾羽がもっと白かった気がするので、こんどはそこと嘴を確認してみます。 ★☆★親水公園のマガモは、昨日は雌雄ともに姿を見せませんでし…

続きを読む

次列風切羽

★☆★『親水公園の野鳥(36)マガモ 』の続きです。月曜日夜に新年会があったので、2次会後の22時過ぎに親水公園の様子を見に行きました。予想通りマガモ・カルガモ・マルガモ・アオサギの誰もいません。やはり塒は安全な所にあるようです。いずれ親水公園から一斉に飛び立っていく様子を写真に撮りたいものです。 ★☆★今日の公園は珍しく、カルガモ夫婦とマルガモ夫婦の4羽だけでした。今回の写真は昨年12月2…

続きを読む

謹賀新年

★☆★『親水公園の野鳥(36)マガモ 』の続きで、目出度く年を越してもマガモ♂が滞在中です。昨年の今頃はホシハジロの♀が来訪しましたが、翌日にはどこかに飛び去って居なくなりました。移動途中で仲間とはぐれたので親水公園の池で一休みだったのでしょう。仲間がいそうなのは淡水ガモですから、この近くでは荒川、旧中川、不忍池辺りか?。今年は公園に行けばいつでもマガモの写真が撮れるのは嬉しいのですが、彼が一週…

続きを読む

ムラサキシジミのような・・・・・

★☆★毎日暑いです。夏だから当たり前です。嫌なら南半球に行きなさいってなもんです。公園に行くと日陰を探しながら、休み休みの散歩です。池の北側に数本咲いている青紫色の花の名前が分かりません。先月末から咲き出したので写真に撮って帰り図鑑やネットで名前を探しています。小さな花が穂先(花先)に向かって順に咲いていくありがちなパターンですがまだ未同定です。 ☆★☆6月にこの写真を撮りました。なんとか連写…

続きを読む

夏、水辺、葦なら、この野鳥は?

★☆★この一週間で遅れていた夏を取り戻すようにセミ達が鳴いています。蝉時雨のアブラゼミに乗っかるミンミン大合唱、一瞬の隙間に聞こえるニイニイゼミと遠くで聞こえるまだ少数派クマゼミ。去年は聞かれなかったツクツクですが、今年は復活してくれるのでしょうか? クマゼミが移住してこられたのなら、是非ヒグラシにも出戻りしてもらいたいですね。 ☆★☆『親水公園の野鳥(32)オオヨシキリ 』 先日の土曜日は夕…

続きを読む

我々は先祖から地球を

★☆★さすがに昼間に30度近くなると、夕食や一杯の前にシャワーを浴びないと美味しくありません。例年並みならば明日で梅雨とはオサラバするのですが、どうやら今年は台風5号が通過してけじめのようですね。 ★☆★人生の残りが少ないですから、沢山ある未体験を少しでも片付けたいと思っています。特に無料の体験は優先です。きのうは墨田区総合体育館の2階A室へ行って、第25回参議院選挙の期日前投票をしてきました…

続きを読む