冒険者と影達への追憶

アクセスカウンタ

zoom RSS

<<   作成日時 : 2014/10/13 20:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
★今晩はまたまた台風襲来で、ベランダの鉢物を室内に退避
この辺りはまだ雨がシトシト降っているだけで、風もなく台風を予感させるものは何もありません
大きな被害が出ずに通過してくれる事を祈ります
★11日の土曜日に「勝鬨橋」へ行って来ました
16時半に家を出て、20,943歩で距離は15.6km、帰宅は19時でした
今回は出来るだけ直線コースで、清澄通りに出てからは「相生橋」を渡るまで歩道を歩きました
門前仲町も中央区の佃島や月島も久し振りで、歩道が広くて半分が自転車専用になっていて、南行北行も指定してある几帳面さ
そんなもの誰も守ってはいなかったので、役所の勘違いによる税金の無駄遣いですね
画像
★西詰は橋の下にテラスは無いので、東詰の南側東京湾側から撮影です
全体に暗めでフェンスも上手く隠して、流石は大道具さんです
夏の間は、ここの赤提灯で一杯はかなり魅力的ですね〜
さて、やっとこのロケ地については解決しました(勝手に拘りました)
実は清澄通りから晴海通りに曲ったところで、わたしの弱点「腹痛」が勃発で、慌ててテナントビルを2棟回っても見つからず、冷や汗たらり・・・・・
ビルの裏に公園があって明るい「トイレ」を発見、大事に至らず何とか「勝鬨橋」に辿り着きました
尾籠な話で申し訳ございませんでした
★★昨日の東京新聞社説「大転換の風が吹く」で、ドイツのエネルギーベンデ(大転換)が何故行われ、2050年までに「再生エネルギー電源を8割にする」と連邦政府のシナリオに書かれているのか、を週の初めに考えています
地球規模では温暖化を食い止めるためですが、電気料金が値上がりしてもドイツ市民の9割以上がエネルギーベンデを支持しているのは、「石油やガスを輸入しなくてもいい社会、原発事故や温暖化の心配のない未来への投資だ」と割切っているからだそうです
発電事業と送電事業は完全に分離され、送電事業者は無制限に再生エネを買取り、送電網の拡充と近代化を進めている
ドイツで2000年には3%だった再可エネは今年28.5%になり、褐炭火力を抜いて電源別1位になった
日本では2%で足踏みしているのは、国民が選挙で原発を選んでいるからだ、と
★★今宵のBGM★★
焚火を囲んで歌う楽しそうなブライアンが別人のよう・・・・・
ENDLESS SUMMER BEACH BOYS LIVE 1989 CAMPFIRE SESSIONS CLUB KOKOMO
http://youtu.be/nZylusEw-68

『地獄への道は善意の石で敷き詰められている』
 西洋の諺

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
地 冒険者と影達への追憶/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる